飼い主の目を見ているときの猫の気持ち4つ

飼い主の目を見ているときの猫の気持ち4つ

飼い主さんの目を見つめてくる猫は一体どんな気持ちを抱いているのか、とても気になりませんか?本記事では、そんな方のために「飼い主さんの目を見ている時の猫の気持ち」について詳しく解説していきます。猫の気持ちをもっと知りたい!と思っている方のお役立てたら嬉しいです。

1139view

猫はどんな気持ちの時に飼い主さんの目を見てくる?

押入れから見つめてくる猫

猫と一緒に生活していると「猫に目をじーっと見られている」といった状況に遭遇する人も多いのではないでしょうか。猫は一体どんな気持ちで飼い主さんの目を見つめてくるのか、理由とともに解説をしていきましょう!

1. 警戒をしている

物陰から見る猫

今にも喧嘩を始めそうな一触即発状態の猫同士は、相手の目をお互いに見つめて警戒することがあります。

そのため、飼い主さんのほうから猫の目をじーっと瞬きせずに見つめてしまうと、猫もそれを受けて飼い主さんの目を見つめ返してしまい、警戒心を抱かせてしまう可能性があるのです。なので、猫の目をひたすらじーっと見つめることはやめておきましょう。

2. 大好きだよ!敵意はないよ!と伝えている

瞼を閉じる猫

瞬きをせずにじーっと見つめる行為は喧嘩を売っていることになってしまいます。ですが、猫がゆっくりと瞬きをしながら見つめてきたり、細目で見つめてくる場合はまた意味が変わってきます。

このような見つめ方をしてくる場合は「飼い主さんのことが大好きだよ」「飼い主さんに敵対するつもりは一切ないよ」と伝えている可能性が高いです。

ちなみに猫同士の場合、喧嘩をしても勝ち目がなさそうな相手には敵意がないことを伝えるために、細目で見つめたり、ゆっくりと瞬きをしながら見つめることがあります。

猫がリラックスしている時や、飼い主さんに甘えたい時にこのような見つめ方をしてくる傾向にあるようです。

3. 「お腹が空いた」「遊んでほしい」などの要望がある

見つめる猫

飼い主さんの目をじっと見つめながら鳴き声を出したり、スリスリと甘えてくるような態度を見せる場合は、何らかの要望を飼い主さんに伝えようとしている可能性が高いです。

「お皿が空っぽなのでごはんが欲しい」「飼い主さんと遊びたい」などの要望を訴えている可能性があるので、適度にごはんを与えたり、構ってあげたりしましょう。

4. 飼い主さんの顔に興味深いものがついている

メガネをかけたシニアを見る猫

「新しい眼鏡をかけている」「目元にキラキラとしたメイクを施している」といったように、飼い主さんの顔に何らかの変化がある場合、猫がそれに興味を示して目を見つめてくる可能性があります。

飼い主さんの顔の近くに猫が寄ってきたり、顔のにおいなどをクンクンと嗅いでくる場合は、猫が興味を示しているのかもしれません。

まとめ

ふく

好意を伝えているケースもあれば敵意を伝えているケース、要望を訴えているケースなどさまざまな理由から、猫は飼い主さんの目を見つめる可能性があります。

なので、どのような見つめ方をしているのか、見つめる以外の動作もあるかどうかよく観察をして、猫の気持ちを察してあげましょう。

猫の気持ちに合わせて飼い主さんが行動すれば、猫も飼い主さんに対して信頼感が増すかもしれませんよ!

スポンサーリンク