人が勘違いしやすい猫の好き避け行動5つ

人が勘違いしやすい猫の好き避け行動5つ

本当は飼い主さんのことが大好きなのに、あえてそっけなくする猫。人間界にも好き避けはありますが、猫界にもあるようです。猫に好き避けされたら嫌われているのかと勘違いしてしまいますが、本当は猛烈に愛されているかも、しれませんよ!

1313view

1. 無視

猫ベッドで眠る猫

飼い主さんが猫の名前を呼んでも、無視。ツンデレ猫は、基本無視。愛想良く「にゃ〜ん!」なんて、答えたりしません。

そんな猫の姿を見て「嫌われてるのかな?」と思うかもしれませんが、よ〜く、よ〜く、見てみてください。耳やしっぽがちょっとだけ、動いてませんか?飼い主さんが分からないくらいのさりげなさで返事をしているのです。ここがツンデレの所以。

無視されたのかと思いきや、実はこっそりと返事をしてくれているのが猫の好き避け行動です。ただ、きちんと返事するのが面倒くさいだけな場合もありますが。

2. 自分のペースで寄ってくる

向かって来る猫

飼い主さんが近寄っても、そっけなくかわされる…。と思えば、今度は猫から近寄ってくる。こんなのも好き避け行動といえるでしょう。

飼い主さんから来られるのは嫌なのに、自分から近寄るのはOK!自分勝手ともいえますが、本当は飼い主さんが大好きだから思わずしてしまう行動です。可愛いので大目にみましょう。

3. 猫前では甘えない

たくさんの猫

他の猫がいる前では甘えない猫…。プライドか見栄か、本当は飼い主さんに甘えたいのに、後で他の猫がいない場所でこっそり甘えます。

ですから、他の猫がいるところでそっけなくされても、決して飼い主さんのことが嫌いな訳ではないのです。好き避けなら、後で飼い主さんと2人きりの時に甘えてくるはずです。そんな時の猫はデレデレ全開で溶けてしまっているでしょう。

4. わざと困ることをする

冷蔵庫でいたずらする猫

わざと飼い主さんが困ることをする猫いますよね?これは、以前に同じことをした時、飼い主さんが何かしらの反応をしたのが嬉しかったという理由が考えられます。

飼い主さんが騒いでくれたのが忘れられなくて、ついついやってしまうのでしょう。直接的にはアピールして来ないけど、ちょっとナナメから責めてくる好き避け行動です。

5. 気まぐれ

玄関で待ち構える猫

飼い主さんが帰宅した時、迎えにくる日とこない日がありませんか?これも好き避け行動だと考えられます。元々猫は気まぐれな生き物なので、常に好き避けをしているのかもしれません。時には積極的に、時には焦らして…。

これは「部分強化」という、物事にハマる現象と同じです。今日は迎えにきてくれたけど、その前の日は来なかったとなると、迎えに来てくれた時がとても嬉しく感じてハマってしまうのです。

少し話がそれてしまいましたが、人が猫にハマってしまう原因は、部分強化にあるのかもしれません。生まれながらの人たらし….。

まとめ

あずき

猫の性格によって好き避けする猫と、そうではない猫がいます。もしあなたの猫が好き避けする猫なら、嫌われているのかと勘違いしてしまうかもしれませんが、常に近寄ってこないのか、それとも度々近づいてくるのかで判断しましょう。

そっけないことも多いけれど、度々近づいてくるようならそれは、好き避けな猫なのです。

スポンサーリンク