猫が『親友』と認めている人にだけする行動5つ

猫が『親友』と認めている人にだけする行動5つ

猫の行動は、その人との親み具合によって微妙に、異なってきます。猫が親友と認めている人には、果たしてどのような行動をとるのでしょうか?猫にどう思われているのか、親友と認めてくれているのか、チェックして行きましょう。

7766view

1. 舐める

人の指を舐める猫

猫同士で舐め合うことを、「アログルーミング」といい、親しい間柄でしか行わない行動です。猫がアログルーミングをする対象は、猫だけでなく人もです。

親友と認めている人には躊躇なく、ペロペロとグルーミングを行うでしょう。猫の舌はザラザラしているので、舐められるとちょっと痛いことがあります。無理して我慢することはありませんが、猫の愛情表現なので、優しく受け止めてあげましょう。

2. 上に乗る

飼い主の膝の上に仰向けに乗る猫

猫が親友と認めている人の上には、何の遠慮もなく乗ってくるのが猫です。座っているとき、寝ているときなど、様々なシーンでドカッと猫が乗ってきます。

人よりもはるかに小さいとはいえ、平均4~5kgの猫が乗ってくると結構な負担になることが。中には猫が乗っているからと遠慮して、トイレを我慢する飼い主さんもいるでしょう。そんな猫とのコミュニケーションも楽しい時間です。

3. 一緒に寝る

ベッドで飼い主と一緒に寝る猫

猫が親友と認めていると一緒に寝るようになります。寝るということは、猫が無防備になる瞬間でもあります。その瞬間を共有するのですから、よほど信頼していないと難しいでしょう。

猫と一緒に寝る時間は、とても幸せな時間です。猫に親友と認められることで、その幸せな時間を過ごすことができます。猫の親友になると嬉しいことが目白押しです!!

4. 側にいる

コーヒーを飲む飼い主の側でくつろぐ猫

猫は、親友と認めた人の側にいる傾向があります。気がつくと、猫がさりげなく側にいませんか?猫があなたの近くでくつろいでいたら、それは親友だと認めている証拠なのです。

やはり、親友の近くにいると落ち着くのでしょう。ベタベタするのは望んでないけど、なぜか側にいる….。そんなときは親友の側でゆっくり、リラックスタイムを楽しみたいようです。そっとしておいてその空気を味わいましょう。

5. お腹を見せる

仰向けになってお腹を見せて寝る猫

猫にとってお腹は急所です。骨がなく、大事な内臓がたくさん詰まっているからです。そんな大切なお腹を見せるのは、親友と認めているからでしょう。

ただ、お腹を見せたからといって、お腹を触ってほしいわけではないようです。お腹を触ろうとすると嫌がられることも多々ありますので、ご注意を。

まとめ

どら

猫の親しげな行動は、距離が近いものが多いです。猫が至近距離に近づくということは、それだけ心を許しているということでしょう。猫との物理的な距離は、猫との心の距離でもあるでしょう。なるべく、至近距離で猫と接することができますように!!

スポンサーリンク