飼い主の布団で寝る猫の心理5つ

飼い主の布団で寝る猫の心理5つ

猫は気ままな生き物なので、ところ構わず自分が寝たい場所で寝ます。その場所はいつも同じ事もあれば、気分で変わる事もしばしばです。飼い主さんの布団がお気に入りの寝場所、という猫も多いです。でもどうして、そこで寝るのでしょうか?

3912view

1. 温かいから

温かい

やはり温かい為に、飼い主さんの布団で寝るのでしょう。特に寒い冬は、飼い主さんと一緒に寝た方が、体温を保つことができます。

気がつけば猫が体の上に乗っていた、猫に布団の上に乗って身動きが取れないなど、猫と一緒に寝るのには様々な障害が付きまといます。

ですが、猫と一緒に寝るのはとても幸せな時間でもあります。猫がゴロゴロ言ってくれれば飼い主さんにも癒し効果が期待できますので、その時間を満喫してしまいましょう。

2. 安心だから

安心

猫にとって、寝ている時間は無防備です。敵に襲われたらもしかすると、危険な事もあるでしょう。でも飼い主さんと一緒なら、敵が来てもなんとかしてくれるかもしれません。

そんな安心感があるからこそ、猫は飼い主さんの布団で寝ようとするのです。もし敵が襲って来たら、守ってあげてくださいね。たぶん猫は、秒速で逃げているとは思いますが…。

3. 寝心地が良い

寝心地

猫はふかふかした感触のものを好みます。飼い主さんの布団は寝心地がとっても良いのかもしれません。

大抵の人の布団はふかふかしていますから、その感触がお気に入りなのでしょう。気がつけば猫に布団を占領され、飼い主さんの寝る場所がないということは良くあります。

ちょっとのスキを狙って猫は飼い主さんの布団を占領しますので、お気をつけください。

4. 甘えたい

甘える

飼い主さんのことを母猫のように思っている猫もたくさんいます。ですから母猫に甘える気分で、一緒に寝ているのでしょう。

猫にとって母猫と過ごした幸せな時間は、忘れがたいものでもあります。その気分を思い出しついつい飼い主さんの布団で寝てしまうのかも。

5. ナワバリだから

ナワバリ

飼い主さんのことを自分のナワバリだと思っている猫の場合、その縄張りを守るために飼い主さんの布団で寝ている事も考えられます。

他の猫などが近づけば、追い出そうと格闘するでしょう。勝手にナワバリにされても困るのですが、猫に守られるのも悪い気はしませんね。

まとめ

ルル太郎

猫がガサゴソと布団に入って来てくれると、それだけで嬉しくなってしまいますね。猫が快適に過ごせるような布団にしておきたいものです。

スポンサーリンク