飼い主を『愛おしい』と思っている猫がする仕草5つ

飼い主を『愛おしい』と思っている猫がする仕草5つ

猫は様々な仕草で、自分の感情を伝えています。ですからその仕草を良く観察すると、猫が今どんな気分なのかを、ある程度把握することができるのです。猫が飼い主さんのことを愛おしいと思っているとき、どんな仕草をするのか見て行きましょう。

9895view

1. ゆっくり瞬きする

瞬きする猫

飼い主さんに向かって猫がゆっくり瞬き…これは「愛おしい」の合図です。飼い主さんの方もゆっくり瞬きして、お返しをしてあげましょう。猫との愛情が確認できます。

猫の世界では目と目を合わせるのは、敵意を示してしまうことがあるのですが、猫と目が合った時にゆっくり瞬きをすると逆の意味になります。

猫に敵意がなく愛情があることを伝えるために、瞬きは有効です。猫に惜しみない愛情を注ぐ為にも、この仕草を覚えておくと便利です。

2. 舐める

人の指を舐める猫

猫は仲間と思っている相手を、舐めることがあります。「アログルーミング」と呼ばれる行動なのですが、猫が舐めてくれたら愛おしいと思われています。

さすがに舐め返すことはできませんが、ナデナデしてあげると猫が喜ぶでしょう。猫によって、舐めるのが好きな猫とそうでもない猫がいます。

たとえ愛おしいと思っていても、あまり舐められない場合がありますが、ただ単に猫の好みの問題なので落ち込まなくて大丈夫です。

3. 体を擦り付ける

女性に頭を擦り付ける猫

体を飼い主さんにスリスリする猫、良く見かけますね。猫のスリスリには多くの意味がありますが、飼い主さんのことを愛おしいと思っている為、スリスリしている場合も良くあります。

信頼していない人には近づかないでしょうから、猫にスリスリされたら、ほぼ愛おしいと思われていると思って良いでしょう。

4. 側にいる

女性とパソコンを見る猫

猫は愛おしいと思っている飼い主さんの側にさりげなくいます。気がつくと猫がいつも側にいる場合、愛おしいと思われているでしょう。

猫が普段どこにいることが多いのか、観察してみましょう。飼い主さんの側にいることが多ければ、愛おしいと思われていると思って、間違いありません。

5. 一緒に寝る

少女と寝る猫

愛おしいと思っている飼い主さんと、猫は一緒に寝たがります。寝るという無防備な状態を飼い主さんの側で過ごそうというのですから、よほど気に入っていなければ、そんな行動はとらないでしょう。

まとめ

ごましお

猫が飼い主さんのことを愛おしいと思っていると、猫の方から接触することが多くなるようです。猫は気分屋な生き物ですから、猫から近づいてきた時はイチャイチャするチャンスです。このタイミングを逃さずに猫と関わって行きましょう。

スポンサーリンク