猫が好きな人だけにしか見せない特別な仕草5つ

猫が好きな人だけにしか見せない特別な仕草5つ

クールで不思議な生き物だと思われがちな猫ですが、その何気ない仕草や行動は実はあなたへの愛情表現なのかもしれません!猫がみせる“好き好きアピール”を知り、今よりももっと猫との距離を縮めていきましょう。

2230view

好きな人にみせる仕草や行動

足元で見上げる猫

猫に本音と建前はありません!わかりづらいけれど、実はとってもわかりやすいのが猫なんです。果たして猫は好きな人にはどのような仕草や行をみせるのでしょうか・・・。

1. 頭をスリスリこすりつける

足元ですり寄る猫

帰宅時の「おかえりー♪」に、ご飯時の「お腹が空いた~」など、猫がスリスリとすり寄ることってけっこうありますよね。これ、警戒している人には絶対にしません。猫にとってこれは、親しい人や自分の所有物にする行為だからです。猫同士でもちょっとした挨拶を込めてしたりします。

そして猫の頬や顎から放出される「臭腺」をこすりつけることで軽いマーキングをしています。好きな人だからこそ「私のもの!」と主張したいのですね。

2. 横になるとお腹をフミフミする

授乳する猫

お布団に横になると猫がやってくる、そして腕やお腹をフミフミしてくる。これも猫の愛情表現のひとつなんです!

猫がこの行為をする理由として、甘えたい、眠たいなどがあります。子猫はお乳を飲むときに母親の乳房をフミフミしますよね。成猫になってからも甘えたい、眠たいときにはそんな記憶が思い起こされ、ついフミフミしてしまうみたいです。

つまり、信頼し甘えられる対象としてみられているということです。

3. 尻尾を立ててついて来る

尻尾を立てる猫

猫の気持ちは表情として現れなくても、尻尾をみるとわかります。尻尾を真上にピンと立てている場合、それは嬉しさや甘え、要求を表します。これは、ご飯の準備をしているときに見るとわかりやすいです。

そのピンとした状態でついて来るのならば、それはあなたが好きな証拠です。何かしらの要求があるのかもしれませんが、苦手な相手にはついて行かないでしょう。「好き、だから訴えたい」という気持ちの他にも、ただ近くにいたいという心理もあるでしょう。

4. 甘噛みやタッチ

甘噛みする猫

猫は構ってほしいときに甘噛みや前足を使ってタッチをして、好きな人の気を引こうとします。ひとりが好きな猫が構ってほしいと訴えるのは、本当に好きな人にだけです。そして甘噛みやタッチは猫にとっての優しさです。

嫌いな相手であれば自ら近寄ることはしませんし、相手が近づいてきたら容赦なく噛み、爪を立て引っ掻くでしょう。しかし好きな人には絶対にそのようなことはしません。ときどき爪が引っかかり痛いこともありますが、そこは大目に見てあげましょう。

5. 体の一部を舐めてくる

手を舐める猫

顔や手など、体の一部をペロペロと舐められることはありませんか?これは、猫同士でもグルーミングをするようにあなたを仲間だと思っている証拠です。敵意がないことを表し、信頼しているからこそできることなんです。

猫の舌はザラザラとしているので、少し痛いと感じるかもしれませんが、すこしだけ舐めさせてあげましょう。それが終わったら次はお返しする気持ちで、こちらも猫の体を優しく撫でてあげましょう。

撫でた瞬間その場所を「いいから!触らなくて!」といったように、迷惑そうに舐めることもありますが、嫌われているわけではないので安心してくださいね!

まとめ

ココア

猫の気持ちや心理は意外とわかりやすく、それは愛情表現も同じです。猫は好きな人には「甘え」や「嬉しさ」などポジティブな感情が行動として現れます。

特に“訴えかける”のはあなたを信頼している何よりの証拠です。要求だけでなく、猫の好きという気持ちに応えてあげることでより関係を深められるでしょう!

スポンサーリンク