飼い主と本当に信頼し合っている猫がする行動5つ

飼い主と本当に信頼し合っている猫がする行動5つ

猫を飼ったは良いけれど…ちゃんと信頼されているかどうか分からないし、自分自身も猫の考えていることが良く分からない…そんな不安を持つこと、ありますよね?飼い主さんと猫が信頼し合っていると、猫はこんな行動で教えてくれます。

5009view

1. へそ天

へそ天で眠る猫

大胆にもお腹を見せる、へそ天。お腹は猫にとって急所なので、信頼している相手でないと中々見せないパートです。だって、不用意に見せてガブッとやられたら、命が危ないですから。

なので、猫が飼い主さんの前でへそ天をする時、それは信頼しているからに他ならないのです。遊びに誘っている時もあります。いずれも信頼する飼い主さんの前で、リラックス気分でいるのでしょう。

2. 側でご就寝

人の足の上で眠る猫

気がつくといつも、猫が飼い主さんの側で寝てませんか?これも、信頼している証拠です。寝ている時、無防備になるのは当然です。普通だったら身を隠すように寝るのに、それを飼い主さんの近くでわざわざ寝るのですから、相当信頼しているのでしょう。

逆に、「何かあったら守って貰える」と思っているかも。信頼していなければ、「寝る」という無防備な姿を見せることはありませんので、猫が側で寝ている時はその信頼を勝ち取っていると思って間違いありません。

3. 後追い

人の後を追う猫

飼い主さんが移動するに従って、後追いする猫。俗に言う「ストーカー猫」です。小さな子がお母さんの後をついて周るのと同じ感じでしょうか?

飼い主さんが何をするのか、興味しんしんで付いて行くのかもしれませんし、何かが起きても、飼い主さんの側にいれば安心だと思っているのかもしれません。

どちらにしろ、猫が信頼していなければ、後追いすることはないでしょう。

4. 邪魔する

邪魔をする猫

突如として出現する、「邪魔猫」。各ご家庭でも、良く見られる猫の種類ではないでしょうか?これも、猫と飼い主さんとの間に信頼があるからと考えられています。

信頼している相手でなければ邪魔をして、自ら叱られるようなことはしないでしょう。邪魔をするのは、「自分を構って欲しい」「飼い主さんの目が他に向いて不安」などの気持ちが隠れています。

信頼する飼い主さんだからこそ、いつも自分のことを気にかけていて欲しい、そんな風に思っているのかもしれません。健気ですが、飼い主さんの目が自分に向いたと思ったら満足して、さっさとどこかへ行ってしまいます…猫ってそんなものです。

5. 自分から近づいてくる

近づく猫

猫自ら、飼い主さんに近づいてくる…これはもう、信頼しかないでしょう。猫は信頼していない人には近づこうとしません。

でも信頼する飼い主さんなら、「撫でて」「遊んで」「構って」と猫の方から、飼い主さんにちょっかいを出したくなるのです。

猫は意外と、飼い主さんとの触れ合いを望んでいます。ですから、猫から触れ合いを求めてきたら、それにこたえてあげましょう。

まとめ

そら

猫と一緒に暮らすのだったら、信頼関係を構築することは非常に大切です。これがなければ猫との暮らしを、楽しくすることはできないでしょう。

ちょっとでも近づくとシャーシャー言われるようでは、気持ちが凹んでしまいます。もちろん、慣れるまでに時間がかかる猫もいますので、その場合は焦らずにゆっくりと信頼関係を築いていきましょう。

猫との信頼関係が出来上がれば、一緒に過ごす時間が何倍にも楽しくなります。猫の気持ちを考えながら接していきましょう。

スポンサーリンク