猫がパートナーと認めている人にしかしない行動5つ

猫がパートナーと認めている人にしかしない行動5つ

猫と暮らす以上、猫との信頼関係を築くのは、とても大切です。信頼関係がなければ、猫に触ることも遊ぶことも難しいでしょう。ではどうしたら、猫との信頼関係を図ることができるのか?こんな猫の行動から、判断してみましょう。

9092view

1. ペロペロ

人の指を舐める猫

猫が自分以外をペロペロする時、それはパートナーと認めていると考えられます。猫同士でペロペロする場合、仲間意識があるからです。

ですから猫にペロペロされた場合は、仲間、つまりパートナーを認められていると考えて良いでしょう。

猫の舌はザラザラしているので、舐められると痛い場合があります、我慢してペロペロされる飼い主さんも多いですが、うまい具合に避けてもバチは当たりません。

2. 一緒に寝る

人と寝る猫

一緒に寝るのも、パートナーと認めていると思って良いでしょう。寝る時、猫はとても無防備な状態です。その時を一緒に過ごすのですから、よほど信頼していなければできない行動です。

ですから猫が布団にもぞもぞと潜り込む、もしくは飼い主さんの布団の上で寝る場合、間違いなくパートナーと認めてくれているのでしょう。

ただ単に暖を取っているという理由も考えられますが、それでも信頼している人でなければ、一緒には寝ないでしょう。

3. お腹を見せる

お腹を見せる猫

急所であるお腹を見せるのも、パートナーと認めているからと考えられます。お腹は骨がなくとても弱い場所なので、もし無防備に見せて襲われでもしたら、猫は命を落としてしまいます。

そんな命に関わる重要な場所を見せてくるのですから、パートナーと認めているのでしょう。

一つ気をつけたいのが猫がお腹を見せても、お腹を触って欲しい訳ではないこと。甘えているか遊んでアピールなので、普通に顔周辺を撫でるかおもちゃで遊んであげましょう。

4. お尻を向ける

お尻を向ける猫

お尻を向けてくるパターンには、2種類あります。座る時にお尻を飼い主さんに向けて座る場合と、立ってお尻を向ける場合です。

座ってお尻を向ける時は、「後ろを守ってね」と言う心理で、立ってお尻を向ける時は、「匂い嗅いでもいいよ」と言っているのだそう。

どちらにしろパートナーと認めているからこそする行動なので、「お尻を向けるなんて失礼な!」と思わないようにしてあげてください。

5. モミモミ

ふみふみする猫

前足でモミモミをするのも、パートナーと認めているからと考えられます。パートナーというよりかはどちらかというと「母猫」だと思われているかもしれません。

モミモミは猫が子猫の時に、母猫の母乳を出やすくする為にしていた行動なので、とても甘えている時だといわれています。猫にモミモミされたら、信用されていることは間違いありません。

まとめ

虎(トラ)

猫にパートナーと認められると、いろいろ楽しいことが増えるでしょう。一緒に遊ぶことも、イチャイチャすることも、たくさんできます。

猫と良きパートナーになれるよう、心がけていきたいですね!

スポンサーリンク