猫が軽蔑している時にする仕草5つ

猫が軽蔑している時にする仕草5つ

「猫に軽蔑された!」そう思ってしまうこと、ありませんか?元々そっけないところがある猫ですが、せっかく触れ合おうとしているのにそっけない態度を取られたら、「軽蔑されてるのかな?」と思ってしまうこともありますよね。

2063view

1. 近くに寄らせてくれない

振り向く猫

猫は自分よりも下だと見ている存在の近くには決して寄りません。従って、軽蔑している人が近寄ろうとすると、サササッとどこかへ行ってしまうでしょう。猫が近寄らせてくれないならまず、信頼関係を築く事を心がけましょう。こちらから近づくよりも、猫から近づいてきてくれるのを待つ方が得策です。

猫が気に入りそうなおやつを差し入れしても良いですが、あくまでも猫の行動に合わせて無理強いはしないようにしましょう。おやつは欲しそうにしているけれど遠巻きに見ている場合は、おやつからちょっと離れて様子を見てください。

猫が信頼してくれたら、徐々に距離は縮まっていくはずです。それまで焦らず、ゆっくりと関係を作って行きましょう!

2. 触らせてくれない

触られるのを嫌がる猫

自分が軽蔑しているヤツに触らせるにゃんて、どんでもない!とでも言いたげに触ろうとすると避けられてしまうでしょう。悲しい…。まぁ、軽蔑されてると思えば当たり前ではあるのですが…。やはりここでも信頼関係が大切になってきます。何されるか分からないヤツに、やすやすと体を触らせませんよね?

「この人は、大丈夫にゃ」と猫が信頼してくれれば、触らせてくれるようになるでしょう。たとえ軽蔑されてしまったとしても、時間をかければ信頼を取り戻すことは可能でしょう。猫のお世話をきちんとして信頼を勝ち取りましょう!

3. 冷たく睨まれる

睨む猫

猫に下に見られてしまう気がするのが睨まれること。しかも、冷たく…。猫に冷ややかな目で睨まれると、何となく軽蔑されている気がしてしまいますよね。

実際猫の顔はあまり表情が動かないですし、目もビー玉のようで表情がありません。そんな顔と目でじ〜っと見られると「お前、バカ?」と言われているような気分になってしまうことも。

4. 軽く威嚇される

威嚇する猫

近寄ったり触ろうとしたりすると、軽く「シャーッ」と言われる…。こんな切ないお話があるでしょうか?軽蔑されているに、違いない…。がっかりしてしまいそうですが、もしかするとどこか体に具合の悪いところがある可能性も。

もちろん単に「触るにゃ!」と拒否られていることもあるでしょうが、例えばケガや病気で痛みがある時そこに触れようとすると嫌がって威嚇することがあるのです。どこかに異常がないかチェックしてみましょう。

5. 勘違いかも?

目を見開く猫

もしかして猫に軽蔑されてる?そう思う飼い主さんは多いのですが、実は勘違いと言うことも。ただ、そう思えるだけなのかもしれません。

猫に近づいたり触ったりできないのは、単に信頼関係が出来上がってないからと考えることもできますし、冷たく睨まれるのはただ猫の表情が乏しいからで、猫は飼い主さんのことを「好き」と思って見ているのかもしれません。必ずしも猫に軽蔑されていると言い切れません。

そもそも猫が人を軽蔑することがあるのかどうかさえ、はっきりとしていません。犬で良く言われていた「権勢症候群(アルファシンドローム)」でさえ真っ赤なウソと言われていますので、犬よりも人を対等に見ていると考えられる猫が、果たして人を軽蔑するのか疑問ではあります。

まとめ

こちらを軽蔑のまなざしで見る猫

どうしても人は、猫の行動に人の基準を当てはめてしまいがちです。それが面白くもあり、時には自らを苦しめる罠となってしまいます。

猫に軽蔑されたと思ってショックを受けるより、猫と仲良くなる方法を考えましょう。猫は相手の気持ちに敏感ですから、きっとその気持ちは伝わるはずです。イメージのようにお高く止まってないのも、猫の本当の姿です。

スポンサーリンク