猫が亡くなったら辿り着く『虹の橋』ってどんな所?

猫が亡くなったら辿り着く『虹の橋』ってどんな所?

虹の橋には亡くなった動物たちがいます。虹の橋って実際に見たことないけど、聞くところによると楽しい場所のようです。きっと虹の橋があれば飼い主の気持ちも少し楽になるかも知れません。虹の橋について詳しくお話してみましょう。

22512view

虹の橋の詩

虹がかかった青空

虹の橋と言う言葉を聞いたことがありませんか?大事な家族のペットたちが、亡くなったときに向かう場所のようです。

その虹の橋を指す詩は神話的に言われていますが、多くの飼い主たちを救ってくれる「心が温かくなれる詩」なのです。

虹の橋の原作者ははっきり知られていませんが、最初はアメリカのニュースサイトをきっかけに、世界各国に浸透していったそうです。詩は、全部で第三部まであるそうです。

虹の橋はどんなところ?

クエスションマークと猫

天国に続く道の手前にあると言われている虹の橋で、亡くなった動物たちはどのように暮らしているのでしょうか?詩をもとに伝えていきたいと思います。

1.元気な姿で駆けまわるところ

草原を走る猫

虹の橋のふもとには、広がる草地と丘があり、彼らが楽しそうに遊んでいます。そこにはたくさんの食糧とお水もあります。

病や年老いた彼らの姿からは、想像もできないほど元気な姿で駆けまわっています。それぞれの理由で亡くなってしまった動物たちも、健康な姿と心地よい気持ちで暮らしているのです。

2.大好きな人と出会えるところ

飼い主に抱きしめられている猫

虹の橋にいる彼らは幸せに満ち足りて暮らしていますが、ひとつだけ気になることがあるようです。

それは「大好きな飼い主さんにもう会えない」と言う寂しさです。きっと彼らは、ここで会えることを信じて、待っていてくれる場所なのでしょう。

もしもあなたが、人生を全うし天国に行くときには、虹の橋で再開することができるのです。目をキラキラとさせ、愛してくれた飼い主さんを見つけると感動的に抱き合い、二度と離れることはなくなります。

3.愛が芽生える

猫と遊ぶ少女

虹の橋には、愛を知らない動物もたくさんいます。飼い主さんが迎えに来てくれたペットたちを、羨ましい感情と悲しい感情が入り交じり、切ない目をしています。

愛されなかったのは動物だけではありません。人も愛されることなく虹の橋の道を渡ります。虹の橋の道で寂しそうにする人を、愛されなかった動物がゆっくりと距離を縮めていきます。

お互いに愛を知らないものに「愛されたい」と言う感情が、奇跡を起こし二人を出会わせてくれる場所となったのです。

4.雨降り地区がある

雨降りの中で濡れた猫

虹の橋の入り口には、雨降り地区と言う場所があるようです。ここにいる動物たちは、降り続く雨にうたれながら、寒さと悲しみに震えながら暮らしています。

この降りしきる雨の正体は、飼い主さんの涙です。彼らは、先にここへ来てしまったことで大切な人を心配しています。楽しそうに走り回れないで震えているのは、飼い主さんがずっと悲しんでいるのがわかるからなのでしょう。

いつまでも心の中は繋がっているのです。飼い主さんの涙が止まれば、雨降り地区から出て、爽快に走り回ることができるのでしょう。

5.虹の橋は待ち合わせ場所

待つ猫のシルエット

どうして虹の橋があるのでしょう?きっと、亡くなったペットとまた会うことができる、待ち合わせ場所なのだと思います。

虹の橋は悲しむ多くの人を勇気づける心の支えになる詩です。動物も人も寂しい気持ちを持ちながら、いつか会えるこの場所が存在すると信じています。

彼らは、天国の手前の場所で、一緒に橋を渡ろうと待ってくれています。虹の橋で会ったときは、元気な姿を一番に見せたいのです。

まとめ

虹がかかった空と二匹の猫

ペットが亡くなったら辿り着く、虹の橋について紹介いたしました。いつかは訪れる別れがあっても、虹の橋でまた会えると思うと、人の気持ちも楽になれるのではないでしょうか?

虹の橋の詩は、動画や絵本にもなっています。虹の橋があることを知り、ペットロスから救われたり、心の癒しになったりした人も多くいるようです。

悲しむ気持ちは、亡くなったペットにも伝わっています。彼らは、きっと「大丈夫だよ」と虹の橋で元気に過ごしています。

虹の橋で会えると信じて、気持ちを楽にして過ごしていきましょう。

40代 女性 玉之丞

随分前に虹の橋を聞いた時、
飼っていた猫と約束をしました。
私が優しく頭を撫でながら、
「あなたが先きに逝ったら、
虹の橋で待っててね」…と。
もちろん返事なんてなかったし、
ただ目を細めて佇んでたけれど。

記事を読んで初めて知りましたが、
飼い主もきちんと人生を全うしなければいけないんですね。

どうか、あの子が明るい場所で遊びながら待っていられるように、ひとしきり泣いたら前を向いて生きていこうと思います。

いっときのお別れ、
また再開できる虹の橋。
心の拠り所であることに感謝します。

40代 男性 匿名

本日、天国に、旅立ちしました。虹の橋で、会うこと誓い、悲しまず、元気で、いたいです。自分も、会うこと信じてます。

50代以上 女性 匿名

先日、保護して8年になる大切な大切な子を亡くしました。少し様子がおかしいと病院に通いはじめて数日でした。自分を責めました。そもそも、私達よりもっといい里親がいたかも…とか 涙は後から、後から流れ出しました。家の至るところに思い出が在りすぎて。余りの苦しさに、ペットロスの検索をしていて、このお話を知りました。このまま泣いてばかりいてはあの子が心配して楽しく暮らせないんだと気付かされました。寂しさはまだまだ癒えませんが元気をだして頑張ろうと思います。いつか必ず再会出来るんだもの!

40代 女性 クッキー

小さい頃から、病気ばかりしていたあの子は、虹の橋を渡って元気になった姿を想像するだけで、涙が出そうになるけど、楽になったから泣くのはやめよ。と思います。

40代 女性 みよよん

家族が22年前に里親さんからいただいて引き逢わせてくれた猫が昨年亡くなりました。飼い始めた当初から実家に入り浸り、そのうち私も実家に戻ることになって、そこから毎日毎日猫のいる生活を送ることができました。猫に感謝、引き逢わせてくれた家族に感謝しかありません。こんなに長く一緒に居られるとは思ってもいませんでした。小さいうちの病気はほぼなく、大きな病気はハイシニア世代になってから脳てんかんを発症しました。亡くなる直前は台風15号の時、呼吸がおかしいことに気づけず、最期は急ぐように亡くなってしまいました。いつもの場所に居るような感じがするけれど、姿が見えない。毎日入れ替えたお水も習慣で入れ替えていますが、もう飲む姿も見れない、飲む猫もいない。悲しいけれど虹の橋に雨が降ってしまうなら、泣かないようにしないとと思いました。

30代 女性 とらねこ

猫4匹と暮らしています。病を抱え、恋人も作らず結婚もせず、勿論子供も居ない私にとっては我が子として可愛がっている4匹ですが、1番上の子は既に高齢猫の仲間入り。1番下の子は1歳になったばかりですが、健康に生きて天寿をまっとうしたとしても、恐らく私が生きている間には別れが来ます。今からそれを考えるだけで涙がとまらなくなってしまうので、正直支えでもあるこの子達が居なくなって、自分自身生きていけるかが心配でした。でも少し前に虹の橋の話を知って、人間も与えられた寿命を最後まで生きて死ななければ会えないのだという事も知りました。苦しくても寂しくても、自分の命を粗末にする人間では虹の橋には行けないんだと。この話を完全に信じているわけではありませんが、もし本当にそんな場所があってこの子達とまた再会出来るなら、その為に最後まで生きなくてはと思うのです。今は未だどうして良いかなんて分からないけれど、雨降り地区で項垂れてるこの子達を見たくないから、元気に生き続けなくてはと、ただそう思うのです。

50代以上 女性 匿名

去年の11月29日に大事なネコ息子を
亡くしました。16歳間近でした。
去年一年急に主人が心身のバランスを崩して大変な時期でした。あの子がいなければ乗り越えられなかった!
主人が良くなるのと入れ替わるように
持病の腎不全と心不全が悪化して
最後は 家のベッドでみなで見守って
亡くなりました。
以来ずっと泣いてました。
虹の橋の話 知っていましたが
悲しむ飼い主の雨の降りしきる場所が
あるとは知りませんでした。
あの子が いたずらっこで元気なころの姿で 前の2匹とも一緒に楽しく
待っていてくれると思うと あたたかいエネルギーを感じます。
泣いていては あの子が 雨に打たれるばかりなんですね?
人生を全うして あの子に会える日を
たのしみに過ごそうと思いました。
ありがとうございました。

スポンサーリンク