猫が感じる『好きな色・嫌いな色』ランキング3!それぞれの理由とは

猫が感じる『好きな色・嫌いな色』ランキング3!それぞれの理由とは

愛猫が特定の色を好んだり、嫌ったりすることはありませんか? 実は、猫にも色の好みがあります。今回は「猫が好きな色・嫌いな色」のベスト3をそれぞれ紹介いたします。

1229view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

猫が好きな色ベスト3!!

遊ぶ猫

人間とは感覚が異なるものの、猫にも色の好みがあります。

今回は、猫の目の特性や習性から推測される「猫が感じる好きな色・嫌いな色」のランキング3を紹介いたします。ぜひ猫のおもちゃやインテリア選びの参考にしてみてください。

1位.黄色

黄色は自然界にも存在し、比較的猫が認識しやすい色でもあります。

黄色がメインのおもちゃを選ぶと反応が良く、楽しく遊べるかもしれません。

2位.緑色

緑色も自然界でよく見かける色ですね。

実は猫の目は細胞数の違いから人間が見ている緑色と同じ色には見えていないと考えられます。とはいえ、自然界にある色なので好む猫も多いのではないでしょうか。

愛猫の生活拠点となっているスペースに、さり気なく緑のラグなどがあると良いかもしれません。

ただし、本物の植物をインテリアとして取り入れる際は注意が必要です。ユリ科やヒガンバナ科の植物など、猫の命に関わるものがあります。

3位.ピンク

猫の目は三原色の1つである赤色を認識することができません。ピンクも赤系統の色ですが、なぜか人気があります(理由については解明中)。

ピンク好みの猫と会う際にピンク系の服を着て行けば、猫に受け取ってもらえる印象が良くなるかもしれません。

ちなみに、我が家の猫はピンクの布団がお気に入りです。これまでブルー系だったのですが、変更後のほうが好んで寝ている気がします。

猫が嫌いな色ベスト3!!

警戒する猫

ここからは猫が嫌いな色を3つ紹介いたします。実は現時点の研究では猫に嫌いな色がある、という確たる証明はできていません。しかし、嫌いになる可能性のある色も存在します。ワースト1になるのは何色なのでしょうか?その理由にも注目してみてください。

1位.黒色

日本に住む猫が最も嫌いな色は「黒」と考えられます。その理由は、カラスを連想する色だからです。

カラスは猫の天敵。外で暮らしてきた猫は、特に母猫からその恐ろしさを叩き込まれているはずです。

猫がいるご家庭で家具を選ぶ際は、なるべく黒を避けると無難かもしれません。

2位.赤色

先ほども紹介したように、猫の目(網膜)には赤色を認識する細胞がありません。赤色はグレー掛かった色味になります。

赤に関しては、嫌いというよりは関心が薄い存在になります。日常生活の中で避けなければならない対象ではありませんが、興味を引きたい時は黄色や青のものを選ばれたほうが良いでしょう。

余談ですが、闘牛の牛も赤色が見えません。牛が興奮するのは布の動きなのです。赤い布を使用するのは人間に向けた視覚効果に過ぎません。

3位.グレー

赤はグレーとして認識されると紹介しましたが、グレーもまたはっきり見えるわけではありません。

薄ぼんやりとした色になるため、インパクトが不十分です。やはり興味を持ってもらうには、別のものを選んだほうが良いでしょう。

青色はどうなの?

毛糸玉で遊ぶ猫

好きな色・嫌いな色どちらにも登場しなかった青色。

例えばジーンズやカーテンなど、この色は割と日常生活でも多く見かける色ですよね。では、猫にとってこの青色はどのような存在なのでしょうか?

結果としては、「どちらかと言えば好きな部類」に入ります。というのも、、猫の目は光の三原色のうち「青」が一番認識することができるので、青色はよく見える対象なのです。

つまり猫にとっては目を引く色になるため、おもちゃとしても適しています。

まとめ

毛布を被る猫

今回は、猫が好きな色・嫌いな色のランキング3を紹介いたしました。

好きな色のピンクは意外だったかもしれません。もちろん人間ほど鮮やかな色として認識しているわけではないと思われますが、どこか心地よい存在なのでしょう。

ワースト1の黒は納得がいきそうですね。もしもリビングに黒いソファーがあるとしたら、猫からすると、常にカラスが居座っているような感覚になるのかもしれませんね。

とはいえ、これら色の認識や好き嫌いについてはまだ十分に解明されているわけではありませんし、猫によって好みは様々です。特に怖がる様子がなければ問題ありません。もし避けたり怯えたりするようであれば、カバーをかけて調節してあげましょう。

色は私達の生活に欠かせない存在です。一緒に暮らす猫にとっても重要なものになるので、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク