猫に『消毒液』が有害な理由3つ!舐めてしまった時の対処法とは

猫に『消毒液』が有害な理由3つ!舐めてしまった時の対処法とは

手指の消毒が欠かせないこのご時世。消毒液を置いている家庭も多いかと思います。でも、猫と一緒に暮らしている場合は注意が必要です。猫には消毒液は有害だからです。なぜ、猫に消毒液はダメなのでしょうか?万が一、猫が消毒液を舐めてしまったらどうしたらいいでしょうか?

363view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.消毒液のアルコールで酔っぱらう

消毒液のボトルと猫

消毒液というと、アルコール(エタノール)が含まれているものが多いです。アルコール成分を舐めると、猫が酔っぱらったようになります。量が多ければ酩酊状態のようになるでしょう。

人間がアルコールを摂取した場合は肝臓でアルコール分解酵素が働くため、次第に酔いは醒めていきますね。しかし、猫は分解酵素を持たないので、体内でアルコールを分解できないのです。結果的に長期間体内に残ったままになってしまいます。

2.アルコール中毒を起こす

スプレーボトルと布巾と猫

たとえ少量でも消毒液のアルコールを摂取した場合、猫が中毒を起こす危険性があり、注意が必要です。中毒を起こすと、酔っぱらったようになる他、よだれをたらしたり、下痢や嘔吐などの症状が現れます。

重度になると、意識を失ったり、命の危険性もあるのです。中毒の症状が見られたら、一刻も早く動物病院で診てもらうことです。

3.粘膜に触れると痛みを感じる

猫の目の周りを拭く人の手

猫の目や口の周りなど、デリケートな部分の汚れを取るために、消毒液は絶対に使わないで下さい。消毒液が含まれた除菌用のウェットティッシュを使うのもやめましょう。刺激が強く、痛みを感じたり、目が充血する恐れがあります。

猫の体を拭く場合も、拭いた部分を猫が舐めてしまうことがあるため、消毒液は絶対に避けて下さい。

顔の周りのケアには、ぬるま湯でしめらせたガーゼやコットンを使用しましょう。手足や体を拭く場合は、舐めても安全な成分を使用したペット用のウェットティッシュが安心です。

猫が消毒液を舐めてしまった時の対処法

スプレーボトルと猫

消毒液は日常的に使用するものです。うっかり猫が舐めてしまわないよう気をつけましょう。

手指の消毒や、テーブルなどを拭いた際、乾けばアルコールが揮発しますので問題ありませんが、乾くまで猫に触れたり、拭いた部分に猫を近づけないようにすることが大切です。

万が一猫が消毒液を舐めてしまった場合は、少しでも異変があれば動物病院へつれていきましょう。なお、猫が消毒液を舐めてしまったからといって、無理に吐かせるのはやめて下さい。吐いたものを喉に詰まらせてしまったり、誤嚥や気管を傷つける恐れがあります。必ず獣医師の指示を仰いで下さいね。

まとめ

消毒液のボトルと猫

今や消毒液は生活になくてはならないものになっています。毎日何度も使用する可能性があり、それだけに猫には注意しなければいけません。

消毒液が乾かないうちに猫に触ったり、濡れている部分に猫を近づけないよう気をつけましょう。消毒液がこぼれてしまった場合は、必ずすぐに拭き取って下さいね。

また、消毒のスプレーやボトルにも、猫が興味を持ってしまうことがあります。使用後は猫にイタズラをされない場所へしまっておくようにしましょう。

スポンサーリンク