猫が短命になる『ご飯の与え方』3つ 理由と注意するべきポイントとは

猫が短命になる『ご飯の与え方』3つ 理由と注意するべきポイントとは

毎日の食事は、猫の健康に大きく影響しています。ご飯の与え方が寿命を縮めてしまう可能性すらあるのです。猫が短命になるリスクがあるNGなご飯の与え方や、愛猫に長生きしてもらうために注意したいポイントを解説します。

2611view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

要注意!猫が短命になるご飯の与え方

サラダを見つめる猫

1.肥満になるほど多い量を与える

猫は体重や活動量ごとに、1日に必要なカロリーが異なります。適正体重を維持するために、ご飯は愛猫にとっての適量を守って与えることが大切です。キャットフードのパッケージには、体重や年齢ごとの給餌量の目安が記載されているので必ず確認しましょう。

ダイエットする場合は現在の体重ではなく、目標体重の給仕量で与えるようにします。

食いしん坊な愛猫におねだりされて、ご飯を多く与えると肥満になってしまうので注意が必要です。肥満は糖尿病などあらゆる病気のリスクを高め、寿命を縮めることにも繋がります。

2.栄養バランスへの配慮が不足している

とにかく愛猫が美味しそうに食べてくれるご飯なら何でもよい、と考えてキャットフードを選んでいる飼い主さんは危険です。猫も栄養バランスの整った食事をとらないと健康を維持できないので、栄養バランスを重視してキャットフードを選びましょう。

おすすめは「総合栄養食」を毎日の主食として与えることです。「総合栄養食」は猫が1日に必要とする栄養素を摂取できるフードなので、適量を食べてくれれば栄養が偏る心配はありません。

3.知識がないまま手作りごはんを与える

愛猫のために、心を込めた手作りごはんを用意している飼い主さんもいることでしょう。しかし手作りごはんは栄養不足になりやすく、猫にNGな食材を使ってしまうと危険だという点でも簡単にはおすすめできません。

もしも猫が食べてはいけないということを知らずに調理してしまうと、愛猫が中毒症状を引き起こして最悪の場合は死に至ることも…。また味つけを濃くしてしまうと塩分過多になり、猫の健康に悪影響を及ぼします。

手作りご飯には愛猫の好みや安全性を考えて食材を選べるといったメリットもありますが、十分な知識がないのに与えるのは危険だということを覚えておいてくださいね。

猫のご飯の与え方のポイント

愛猫にご飯を与える飼い主さん

愛猫に元気に長生きしてもらうために、食事面で注意したいのはどのようなことでしょうか?まず大前提として、人間用の食べ物など猫の食事として適さないものを与えるのはNGです。食材によっては猫の命を危険にさらすことになってしまうので、猫には猫用のご飯を用意しましょう。

その他に猫のご飯の与え方において、量と栄養バランスの2つがポイントとなります。健康のためには体重管理が重要なので、愛猫が肥満にならないようご飯の量は適量を与えましょう。おやつを与える習慣がある場合は、カロリーオーバーを防ぐためにご飯の量を調整してくださいね。

特に成長期が終わった成猫や、代謝も活動量も低下するシニア猫は肥満になりやすいので気をつけましょう。愛猫にダイエットが必要な場合は、低カロリーのダイエット用フードを試すのもおすすめですよ。

また栄養バランスの優れた食事を与えるために、キャットフードは「総合栄養食」を選びましょう。子猫用・成猫用・シニア猫用というように年齢ごとにフードを切り替えると、その年齢により適した栄養バランスの食事を与えることができるので安心です。

愛猫にアレルギーや持病があるなど健康面での悩みがある場合は、かかりつけの獣医師にキャットフード選びのアドバイスをもらうと心強いでしょう。

まとめ

大盛りのキャットフードと猫

猫の健康や寿命に大きく関わっているものの1つが毎日の食事です。ご飯の与え方や選び方がいい加減だと愛猫の寿命を縮めてしまう恐れがあることを、飼い主さんは理解しておかなくてはなりません。「好きな物を好きなだけ食べさせてあげたい」と甘やかしたくなる気持ちを抑えて、食事の量や内容をしっかり管理しましょう。

もちろん食べる楽しみは日々の暮らしを豊かにしてくれるので、愛猫が喜んで食べてくれる好みに合ったフードを選ぶということも大切にしてくださいね!

スポンサーリンク