猫とのお別れで陥る『ペットロス』 5つの症状と乗り越えるための方法

猫とのお別れで陥る『ペットロス』 5つの症状と乗り越えるための方法

猫の飼い主さんが恐れているものといえば、愛猫の死ではないでしょうか。いつか必ず別れはやってくると覚悟していても、悲しみのあまりペットロスになってしまう人は少なくありません。ペットロスの主な症状と、乗り越えるためにできることをご紹介します。

777view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

ペットロスの症状

落ち込む女性

1.悲しみや罪悪感にとらわれ、感情のコントロールができない

最愛のペットとのお別れにショックを受けるのは当然のことですが、ペットロスに陥ると愛猫の死からしばらく経っても、悲しみや罪悪感といった負の感情から抜け出せなくなってしまいます。日常生活に支障をきたす場合もあるでしょう。

突然涙が溢れて止まらなくなったり、愛猫を守れなかった自分に激しい怒りを感じたり、感情をコントロールできない状態になることも多いです。

2.物事への関心や意欲がなくなる

これまで好きだったものや趣味に興味が持てなくなったり、仕事への意欲がなくなったりするのもペットロスの症状の1つです。何をしていても楽しいと思えずにずっと落ち込んでいるという、うつ病のような状態になってしまいます。

3.食欲がわかない

悲しみのあまり食欲が全くわかず、体重が減ってしまう人もいます。十分な食事をとれない状態が続くと、健康を損ねてしまうので注意が必要です。反対に過食気味になってしまうケースもあります。

4.よく眠れなくなり、疲れが取れない

ペットロスによりなかなか眠れない日々が続くようになったり、疲れが取れず常に倦怠感がある状態になったりすることも。眠ろうとしても眠れずに過ごす夜に、また愛猫のことを考えて悲しみや不安が大きくなりがちなのが辛いところです。

5.生きることに前向きになれない

何より大切な存在だった愛猫を失ったことで、生きることに対して前向きになれなくなってしまう飼い主さんもいます。「自分も死んだら、またあの子に会えるのだろうか」と後追いすることを考えてしまう場合も…。なんとか悲しみを乗り越えて、愛猫の思い出とともに生きていこうという気持ちに切り替えたいところです。

ペットロスを乗り越える方法

猫の思い出の写真

ペットロスに陥っても、時間の経過とともに悲しみが癒えていくケースが多いです。時の流れが傷を癒してくれるのを待ちながら、辛い時期を乗り越えるためにどのようなことをすればよいのでしょう?

まずは我慢せずに思い切り泣くことが大切です。周りの人に心配をかけないようにと平気なふりをしていると、いつまでも悲しみを引きずることになりかねません。悲しみを共有できる家族や、同じくペットを亡くした経験を持つ人のサポートがあると心強いですね。優しく寄り添ってくれる相手には、遠慮せずに話を聞いてもらいましょう。

愛猫との幸せな日々を振り返りながら、思い出の品を整理したり写真を見返したりするのもおすすめです。気持ちの整理がつかないのに、遺品を処分する必要はもちろんありません。お気に入りだったおもちゃや洋服など、思い出の品を保管しておくことも心を慰めてくれるはずです。もちろん、写真などを見ることでさらに悲しみが湧いてくる場合は無理をしないでください。

新しい猫を迎えることで、ペットロスを克服できたという人も多いようです。ただし新しい猫との生活で余計に落ち込みが激しくなったり、亡き愛猫への罪悪感で押し潰されそうになったり、無気力ゆえにお世話が行き届かなくなったりするケースもあるため注意が必要です。

新たな出会いが自分にとってプラスになるのかどうか、新しい猫を飼い始めるタイミングは今で大丈夫か、よく考えてから決めてくださいね。

まとめ

天国にいる猫

愛猫とのお別れという悲しい出来事は、簡単に乗り越えられるものではありません。それでも飼い主さんの人生は続いていきますし、天国の愛猫の願いは飼い主さんが幸せになることです。また笑顔で過ごせる日々がくると信じて、ゆっくり傷を癒していきましょう。

ペットロスは健康を害するほど症状が重くなることもあります。症状が重い場合や長引く場合は、精神科や心療内科を頼ってください。専門家のサポートを得ながら心のケアをすることで、愛猫との楽しい思い出を前向きな気持ちで振り返れる日がきっとくるはずです。

スポンサーリンク