猫が一口でも食べたら『死』に至る可能性が高い危険なもの4選

猫が一口でも食べたら『死』に至る可能性が高い危険なもの4選

猫との生活において、愛猫の安全を守ることは飼い主さんの重要な役目です。気をつけたいことの代表といえば誤飲誤食ですよね。猫が食べてはいけないものの中でも、一口食べるだけで命を落とすリスクがある特に危険なものを4つご紹介します。

5583view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫の誤飲誤食に注意!

冷蔵庫の隣にいる猫

猫の飼い主さんが注意しなくてはならないことの1つが、愛猫の誤飲誤食です。好奇心旺盛な猫は、目の前にあるものはたとえ食べ物でなくても口にしてしまうことがあります。

また飼い主さんが美味しそうに食べていたものを、こっそり盗み食いしてしまう猫も少なくないでしょう。猫が食べると危険なものは、猫の手が届かない場所に保管するという配慮が欠かせません。

猫が食べてはいけないものは数多く存在しますが、今回は一口食べるだけで死に至る可能性が高い特に危険なものを4つご紹介します。猫から遠ざけたい危険なものを改めてチェックして、愛猫の安全な暮らしを守るために役立てていただければと思います。

猫が食べると死のリスクがある危険なもの

テーブルの上の錠剤

1.人間用の薬やサプリメント

人間と猫では体の大きさも代謝の仕組みも異なるため、人間用の薬やサプリメントを猫が摂取すると中毒症状を引き起こすリスクがあります。

腎障害や肝障害になって最悪の場合は死に至ることさえあるので、愛猫の体調が優れないからといって人間用の鎮痛剤や解熱剤をのませるのは絶対にNGです。必ず動物病院で獣医師に処方してもらったお薬を与えるようにしてくださいね。

ダイエット用サプリメントとして知られる「アルファリポ酸」も、猫が誤飲すると命を落とす可能性が高いです。アルファリポ酸を猫が摂取すると低血糖を起こしたり、肝臓に対する毒性があるといわれています。「アルファリポ酸」は猫にとって好ましい匂いがするといわれているので、興味を持った猫が勝手に取り出してしまわないように厳重に管理しましょう。

2.ユリ

観葉植物を食べてしまって、猫が中毒症状を引き起こすケースは珍しくありません。特に危険な植物がユリで、一口かじっただけでも急性腎不全になり死に至る可能性があるといわれています。ユリを飾っていた花瓶の水を舐めることさえ危険なので、猫のいるご家庭でユリを飾るのはおすすめしません。

カサブランカやチューリップなど、ユリ科の植物全般にユリ中毒の危険性があるので注意してください。また他にも猫が食べると危険な植物は多いので、お家に植物を飾りたい場合は事前に猫との相性を調べて安全な種類を選びたいところです。

3.チョコレートなどのカカオ類

チョコレートの原料であるカカオには「カフェイン」や「テオブロミン」という成分が含まれており、猫が摂取すると中毒症状を引き起こします。カカオ含有率の高いチョコレートの場合は特に中毒のリスクが高く、一口食べただけでも命が危ないです。

チョコレートが大好きで毎日食べているという飼い主さんもいるかと思いますが、愛猫に盗み食いされないように十分に注意してくださいね。またチョコレートの他にも、カカオやカフェインが含まれるココア・コーヒー・紅茶などは絶対に猫に与えてはいけません。

4.玉ねぎなどのネギ類

玉ねぎなどのネギ類に含まれる「有機チオ硫酸化合物」という成分は、猫が摂取すると赤血球が破壊されて溶血性貧血を引き起こすリスクがあります。ネギ類をどれくらいの量食べると中毒になるかには個体差があり、ほんの少量口にしただけで死亡してしまう猫もいるため危険です。

ネギ類そのものはもちろん、玉ねぎを使ったハンバーグなどの料理を「美味しそう♪」と猫が盗み食いしまうことがないように気をつけましょう。

まとめ

食器を見つめる猫

薬や食材など人間の生活に欠かせない身近なものにも、猫の命を奪う危険なものがたくさんあります。誤飲誤食を防ぐには、猫の手が届かない場所でしっかり管理することがポイントです。

「うちの子はとってもいい子だから勝手にものを食べたりしない」と飼い主さんが思っていても、猫にはついついイタズラ心が抑えられなくなってしまう瞬間はあるものです。

「うちの子も猫なのだから、いつ何をするかわからないぞ」と油断せずに過ごすことが、可愛い愛猫の安心安全を守ることに繋がるでしょう。誤飲誤食を防ぐ対策は、ぜひ徹底して行ってくださいね!

スポンサーリンク