『野良猫が寄ってきやすい人』にある共通点4つ 懐かれた時に注意するべきこととは?

『野良猫が寄ってきやすい人』にある共通点4つ 懐かれた時に注意するべきこととは?

町を歩いていると野良猫と遭遇することがあります。人によっては出会った野良猫がすり寄ってくることもあれば、反対に怯えられることもあります。今回は野良猫に懐かれる人とそうでない方の違いを解説します。

2187view

1.小柄な体型

女の子と猫

野良猫に懐かれやすい方の特徴として、小柄な体型であることが挙げられます。猫は臆病な性格です。自分よりも大きな相手には警戒心を抱きます。ただでさえ、自分よりも大きい人間は恐怖の対象となります。そうした理由から、大柄な方より小柄な人物の方が野良猫は近寄ってきやすいです。

大柄な方であっても、体勢を低くして接するなど自分を大きく見せない工夫することで野良猫からの印象を改善できます。

2.女性

女性に近づく猫

実は男性よりも女性の方が猫から好かれやすい傾向にあります。その理由は発する声の高さです。男性は女性よりも低い音域の声を発声しやすいです。

猫にとって、この低い声とは威嚇に近いものとされ、警戒の対象となります。また高いトーンである女性の声は猫が聞きやすい音であるため、反応されやすいと考えられています。

ただし、男性だから必ず警戒されるとは限りません。猫によっても個体差がある他、少し高めの声を意識するだけでも改善することがあります。

3.仕草が静かな方

近寄る猫

警戒心が強い猫は言動が乱暴な方よりも、静かに動かれる人を好みます。人間でも荒々しい言動を繰り返す人より、丁寧で物静かな話し方をされる人の方が接しやすいですよね。

大声で話す、大きな物音を立てる、物を投げるなどの行為は人間だけでなく猫にとっても気持ちがいいものではありません。野良猫と仲良くなりたいのであれば、丁寧な挙動を意識しましょう。

4.野良猫をビックリさせない方

足元によって来る猫

野良猫に嫌われてしまう方に多く見られる特徴として、意図せず猫をビックリさせてしまう方が挙げられます。いきなり近づく、触ろうとするなどの行為をされると何事かと驚いて逃げてしまい以降警戒され続けます。

人間も急に知らない方が喋りかけてきたり、触ってきたりしたら怖いですよね。スケールが違うだけで、感覚としては猫も同じです。衛生的な観点からも野良猫には触らず、近寄ってきたときに優しく話しかけるだけにすることが野良猫と仲良くなる秘訣です。

まとめ

野良猫

今回は野良猫と仲良くなるためのポイントを解説してきましたが、基本的には野良猫と触れ合うのは避けた方がいいです。野生で暮らす野良猫には、感染症ウイルスやマダニなどの寄生虫などが付いているケースが多いです。

触った本人は何ともなくとも、自宅に持ち帰り家族や飼い猫に被害が及ぶリスクもあります。

野良猫との交流は一歩引いた距離から、優しく見守る程度が適切です。今回の記事が野良猫との付き合い方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク