猫が『好きな人限定』ですること4選

猫が『好きな人限定』ですること4選

猫は心を開いていない相手には、常によそよそしい態度をとります。一方で心を開き信頼した相手には、様々な仕草で愛情表現してくれるようになります。今回は猫が心を許した相手に見せる行動を紹介していきます。

5180view

1.ヘソ天

ヘソ天する猫

猫が寝そべりながらお腹を見せる通称ヘソ天は、心を許した相手の前でしか行いません。動物にとって腹部とは、弱点である内臓が近い部位です。本来であれば触られることはもちろん、見せることも避けようとします。

そんな大事なお腹を堂々と見せてくれるヘソ天は、この人ならお腹を見せても大丈夫と猫が思っている証拠といえます。ただし、猫が見せてくれるからといって触り回していいわけではありません。急にお腹に触るとビックリする子も多いため、見るだけに留めましょう。

2.添い寝

女性と添い寝する猫

ソファーやベッドで過ごしていると猫が近くに寄ってきて添い寝をしてくることがあります。飼い主さんの中には、猫が膝上で眠ることもあると思います。睡眠は動物が無防備になるタイミングのひとつ。当然、家庭内においてもリラックスして過ごせる場所以外では猫も寝ようとはしません。

そんな猫が飼い主さんの側や膝上で眠るのは、ここは安心して過ごせる場所だと考えているからです。猫の期待を裏切らないよう下手に撫でて起こすことは避け、静かに見守ってあげましょう。

3.サイレントニャー

鳴く猫

猫が人知れず行っている愛情表現として「サイレントニャー」があります。サイレントニャーとは、人間が聞き取れない音域で声を発する行動です。元々は母猫に対して子猫がする鳴き方ですが、飼い主さんのことを親代わりだと思っている子も行います。猫が鳴いているような仕草をしているのに声が聞き取れないときは、サイレントニャーである可能性が高いです。

信頼しているからといって、すべての猫が行うとは限らず、声を発しないため気付きにくいです。運よくサイレントニャーを目撃した飼い主さんは、自分のことを親だと思っている愛猫を可愛がってあげてください。

4.ふみふみ

ふみふみする猫

猫が好きな相手に行う仕草として忘れてはならないのが「ふみふみ」です。前足を器用に使って布団やクッションなどを揉みほぐす仕草のことです。TwitterなどSNSでは、その見た目からパンやうどんの職人などと表現されることが多いです。

猫のふみふみは子猫が母猫のお乳を出す仕草の名残とされています。猫の中には飼い主さんの足やお腹にふみふみすることがあります。飼い主さんのことを母猫みたいな存在だと思っているサインですので、くすぐったいかもしれませんが思う存分ふみふみさせてあげてください。

まとめ

手を握る猫

猫に心を開いてもらい信頼を得ることは簡単ではありません。日々の接し方や猫の性格によって、信頼されるまでに要する時間も異なります。その一方で、猫は信頼している相手にはこれでもかというくらい可愛らしい仕草を見せてくれます。

ヘソ天やふみふみは見ていて心が和む仕草です。今回紹介した仕草を愛猫にしてもらうためにも、まずは猫から好かれる飼い主を目指してみてください。

スポンサーリンク