猫との相性が悪い『動物』3選!一緒に飼うべきでない理由とは

猫との相性が悪い『動物』3選!一緒に飼うべきでない理由とは

猫と他のペットを同居させたいと考えたとき、心配なのは相性ですよね。猫と相性の悪い動物もいるので、気をつけなければいけません。では、猫と一緒に飼わない方がよいのは、どんな動物でしょうか?

926view

猫と他の動物は同居できる?

猫によじ登るネズミ

猫と他の動物が一緒に暮らすことは不可能ではありません。特に猫が幼い頃から一緒に暮らし、仲間だと認識させることでうまくいくこともあります。また、猫の性格によっても、穏やかでフレンドリーな子なら他の動物を受け入れやすいでしょう。

しかし、猫は肉食動物で、狩りをして生きてきました。その野生の本能が残っていることも忘れないで下さい。小さな生き物は、猫の捕食対象となってしまいます。その中でも特に同居に向かないのはどんな生き物でしょうか。

1.金魚

金魚鉢を見る猫

金魚は、水槽の中にいるので安全なように見えますが、器用な猫のこと。水槽の蓋を開けてしまうなんてことは、簡単です。水の中で動いている金魚に興味深々で手を入れてじゃれついたり、水槽を倒したり落としてしまうこともあります。金魚が弱ってしまう恐れがあるので、猫との同居は避けた方がいいでしょう。

一緒に飼いたい場合は細心の注意が必要です。できれば部屋を分けるのがいいのですが、それができなければ、水槽に蓋をするなどして対策しましょう。

根気よくしつけをすれば、猫を水槽に近づけないようにすることもできますが、猫を怒鳴ったり叩いたりすることは絶対にやめて下さいね。金魚を見て、捕まえたくなってしまうのは、猫の本能で仕方のないことなのです。

2.小鳥

鳥かごを見る猫

インコなどの小鳥も人気のあるペットですが、猫と一緒に飼うのは難しいでしょう。猫にとって小鳥は捕食対象なので襲いかかってしまうことがあります。特に、もともと野良猫だった子は、小鳥を狩りの対象としか見ていないこともあるのです。

捕食対象としてではなくても、小鳥の動きに興味を持って遊ぼうとするでしょう。鳥かごに入れていたとしても、それは、小鳥にとって相当なストレスになるはずです。小鳥が体調を崩してしまうことも考えられます。

鳥かごを高い場所に設置したとしても、猫のジャンプ力で届いてしまうことがあるので、同居、少なくとも同じ部屋で飼うのは危険です。

3.ハムスター

ケージの中のハムスター

ネズミを狩る猫にとっては、ハムスターも捕食対象になります。猫にネズミとハムスターを区別させようとしても無理な話でしょう。猫に飛びかかられたら、小さなハムスターはひとたまりもありません。

ハムスターをケージから出さないようにしても、猫が興味を持つのは避けられないことです。ハムスターも天敵が常に近くにいる環境ではリラックスできませんね。猫とハムスターは、同居させない方がよさそうです。

どうしても飼いたい場合は、猫をハムスターに使づけないこと。できれば、ハムスターがいることを猫に気づかせないくらいの方が安心です。

まとめ

金魚を見つめる猫

これらの小さな生き物は、必ずしも同居できないというわけではなく、仲良く写真に写っている姿をインターネット上で見かけることもありますね。とても羨ましい光景ですが、仲良くなるのはハードルが高く、猫は本来ハンターであることを忘れてはいけません。

一緒に暮らす場合は、油断せず、部屋を分けるなどして、小さな生き物を守ってあげて下さいね。

スポンサーリンク