猫にとって大きなストレスになる『嫌いな音』4選

猫にとって大きなストレスになる『嫌いな音』4選

猫の聴力は人間よりもはるかに優れています。耳がいい猫にとって、人間との共同生活は嫌いな音を発する存在が多い環境でもあります。今回は猫が嫌いやすい音を紹介します。

1222view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.大きな音

ビックリする猫

日常生活の中で雷や怒鳴り声、事故の音など、いきなり大きな音がしたらビックリしますよね。人間でも驚くのですから、聴力が優れた猫にとってはさらに大きな脅威です。中には大きな音がストレスとなり、トラウマを抱く場合もあります。

大きな音で注意しなければいけないのが家電の稼働音です。人間にとってはそこまで大きく感じなくとも、猫にとっては嫌いな音となります。代表的な家電として掃除機やドライヤーなど日常で使用頻度が高い物が挙げられます。家電を使用するときは猫を別室に避難させるなど配慮してあげることが大切です。

2.金属の音

猫と食器

カーンと甲高い音が鳴り響く金属も猫にとってはストレスです。金属が発するカーンやキーンは猫だけでなく人間でも嫌いな方は多いです。身近な金属音としてはスプーンやフォークなどをぶつける音や工事現場の音、キキーッと金属同士が擦り合う音が挙げられます。

金属音は猫にとってストレスとなるだけでなく、てんかん発作を引き起こすキッカケとなる恐れがあります。特にシニア猫での発症が懸念されるため老猫には金属音を聞かせないよう配慮してあげましょう。

3.超音波

ヘッドホンつける猫

猫がキライな音として超音波も挙げられます。超音波は生物によって聞こえる音域が異なります。猫は人間よりも高音域の超音波が聞こえるため、それを応用した猫よけグッズも存在します。人間には聞こえなくとも猫には何となく聞こえるため日常生活に支障をきたすことなくキッチンや洗面台の猫よけとして機能します。

ただし、超音波を聞き続けると猫も慣れてしまうことがあるため、猫よけとして活用するならば、こまめに音域を調整するなどの工夫が必要です。

4.低い声

猫と男性

実は人間の声に対しても猫の好き嫌いは存在します。特に男性が発しやすい低い音域の声は猫にとってはキライな音です。低い鳴き声というのは猫にとって威嚇の意味合いを含みます。自分より身長が高く大きな存在である人間男性が、自分に向かって威嚇してくるため怖がって近づかない子も少なくありません。

とはいえ、男性だからと必ず嫌われるわけではありません。猫に話しかけるときは気持ち高めな声で話しかけると改善できるケースもあります。

まとめ

猫とオーディオ

猫は人間よりも耳が発達した生き物です。人間には何ともない音でも猫からすると、騒音であることも少なくありません。飼い主さんは、そうした猫の特性も理解して配慮してあげることが重要です。

スポンサーリンク