『人が大好きな猫』の特徴4選♡

『人が大好きな猫』の特徴4選♡

猫の中には飼い主さんが大好きな子もいます。そんな子は暮らしの中で、人知れず大好きアピールしていることがあります。今回は大好きな人に対して猫がする行動を4つ紹介します。

24008view

1.ぺろぺろ舐める

人を舐める猫

猫の愛情表現として、ぺろぺろ舐める行為が挙げられます。猫にとって舐める行為は親愛のサイン。親猫が子猫に愛情に注ぐときや、仲間の猫に好意を示すときに見られます。猫がぺろぺろと飼い主さんの顔や手足を舐めてくれるのは、大切な存在と認めてくれている証拠です。

2.飼い主さんのあとを付いてくる

物陰から覗く猫

単独行動を好む猫が飼い主さんの後をストーカーの如く付いて回るのは、飼い主さんに親のような安心感を抱いているからかもしれません。安心できる飼い主さんのそばを離れたくないという猫なりのアピールを嬉しく思う飼い主さんも多いはずです。

ただし、あまりに度が過ぎて一緒にいる時間が長くなると離れたときに問題行動を引き起こす分離不安を招く恐れもあります。猫とは適度に距離を置くことも大切です。

3.ゆっくりまばたき

ウインクする猫

猫にとって視線は敵対関係において大きな意味を持ちます。猫同士の場合、視線を合わせることは威嚇行動となり攻撃的な表現となります。一方、猫がゆっくりとまばたきする行為は敵意がないという表現であり、親愛のサインとされています。

最近の研究では人から猫に対して、ゆっくりとまばたきする行為も親愛が通じる可能性があると示唆されました。猫と目が合ったときは、ゆっくりと愛情を込めてまばたきをしてみてください。

4.すりすり

人にすり寄る猫

帰宅すると猫が玄関先まで駆け寄ってきて鼻先をすりすりしてくる経験がある飼い主さんも多いはずです。実はすりすりしているのは、自分のフェロモンを飼い主さんに付けているマーキング行為となります。

外から帰ってきた飼い主さんを自分の物だと主張するために、マーキングし直しているのです。そのため帰宅して猫が駆け寄ってきたら、思う存分すりすりさせてあげてください。

まとめ

幸せそうな猫と人

普段の何気ない仕草も猫にとっては、飼い主さんに向けた大好きアピールかもしれません。猫が示す親愛のサインについて知っているだけで、猫との暮らしがより幸せに満ちたものとなります。今回紹介した猫のサインをぜひ、日頃からチェックしてみてください。

スポンサーリンク