猫が長寿になるための『環境』とは?今から整えるべき4つのポイント

猫が長寿になるための『環境』とは?今から整えるべき4つのポイント

大切な愛猫とは少しでも長く過ごしたい。そう思われる飼い主さんは多いです。しかし、どうすれば猫が長生きできるかを知っている方は少ないです。今回は大事な飼い猫が少しでも長く生きられる環境づくりのポイントを4つ紹介します。

652view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.隠れられる場所がある

隠れている猫

猫は暗くて狭い隠れ家のような居場所が大好きです。野生の頃、身を休めるために岩の隙間や木の幹に身を潜めていたことから本能的の好むとされています。最近の研究でも生活環境に隠れ家がある猫はストレスが軽減されることが判明しています。

隠れ家といってもダンボールハウスやネコかまくらのような物でも、十分効果が期待できます。

2.高い居場所がある

キャットタワーにいる猫

室内を一望できる高い居場所があることは猫の生活環境を良くする上で重要なポイントです。自分のなわばりを大切にする猫にとって、全体を見渡せる場所は好ましいです。生活環境に高い居場所がある猫に安心感を与え、ストレス軽減も期待できます。

高い居場所はキャットタワーなどを設置する以外にも、本棚や衣装タンスなど家具同士を組み合わせても問題ありません。

猫はジャンプして登るのは得意でも、降りることが苦手な場合があります。怪我防止のためにも、高いところの登り降りは適度な段差をつけてあげると良いでしょう。

3.生活環境が清潔

満足そうな猫

猫はキレイ好きな生き物として有名です。長生きするためにも生活環境の清潔さは大きく関わってきます。たとえば、猫トイレの掃除を怠ると粗相などのトラブルや泌尿器系の疾病リスクが高まる恐れがあります。

また生活環境が汚いとネズミや害虫なども発生しやすくなるため、飼い主さんとの共有部分だけでなく猫のトイレや寝床、餌置き場などは定期的に掃除されることをオススメします。

4.運動できる環境が整っている

遊んでいる猫

運動が大事なのは人間だけでなく、猫も同様です。運動することで肥満防止や狩猟本能も満たされるためストレス発散が期待できます。

キャットタワーやボール型おもちゃなど、ひとりで運動できる環境を用意しておくのも有効です。ただし、猫は瞬発的な狩りを行う生き物であることから長時間の運動は苦手です。猫と遊ぶ際は、短時間で満足度の高い運動を心掛ける必要があります。

まとめ

猫と子ども

猫と長く暮らすための環境づくりは、一朝一夕で達成できるものではありません。まず、正しい猫の知識を身に付けることから始め、生活環境も猫に配慮し工夫する必要があります。

今回の記事をキッカケに、愛猫と長く過ごすための部屋作りを目指してみてください。

スポンサーリンク