猫はなぜ『へそ天』をするの?3つの心理

猫はなぜ『へそ天』をするの?3つの心理

おへそを天井に向けるかのように仰向けになって寝そべる猫のポーズ、通称「へそ天」。猫は何故このようなへそ天ポーズをとるのか、その心理について本記事で詳しく解説してまいります。

786view

猫がへそ天をする心理を徹底解説!

仰向けで寝る三毛猫

おへそを上に向けて仰向けの状態で寝る猫のポーズはとても可愛らしいですよね。通称「へそ天」とも呼ばれており、おへそを天に向けているような状態なのでこのような呼び名がついたと推測できます。

それにしても猫は一体どのような心理からへそ天を行うのか、皆さまはご存じでしょうか。

へそ天には「猫からのさまざまなメッセージ」が隠れていることも多いのです。

そこで今回は猫がへそ天をする心理について迫ってみたいと思います。へそ天のポーズをよくやる猫を飼っている飼い主さんは特に必見ですよ!

1.リラックスしている

ソファーでくつろぐ猫

猫にとって実はお腹は弱点といえます。

へそ天の状態で万が一天敵などに襲われてしまうと、とっさに身動きをとることができず不利になってしまうため、警戒している時は基本的にへそ天はしません。つまり、へそ天をするということはかなりリラックスした状態であるといえるとです。

周りに信頼している相手しかいない状態や、落ち着ける環境が整っている時に見られるポーズといえるでしょう。

また、飼い主さんに甘えたい時などもへそ天をすることがあります。へそ天をしながら飼い主さんの足元で甘える場合は猫からの「構ってちょうだい」というサインの可能性が高いです。

2.暑いと感じている

カーテンのそばで寝る猫

猫はお腹にももふもふな毛がたくさん生えています。なので夏場などはお腹周りが暑くなり、へそ天をして体温を少しでも下げようとする場合があるのです。

仰向けになることによって、お腹周りの熱を解放しているのでしょうね。

もし暑い時期に頻繁にへそ天をしているようであれば、猫が暑がっている可能性も考えられるので、エアコンなどで室温を下げてあげるようにしましょう。

3.発情している

仰向けになりながら上を見つめる猫

猫は発情した時にもへそ天をすることがあります。

「猫は警戒している時はへそ天をしない」と先述しましたが、発情期になると異性の猫に対して心を開く傾向にあるため、このようにへそ天をしてアピールしているのではないかと言われています。

もし去勢手術をしていない猫を飼っている場合、愛猫がへそ天をしながら発情期特有の鳴き方をしているのであれば発情している可能性が高いといえるでしょう。

もし繁盛させる予定がないのであればかかりつけの獣医さんと相談した上で去勢手術を受けさせるのもひとつの選択です。

まとめ

仰向けで眠る猫

猫にとってへそ天は「相手への好意」や「リラックス」を示すポーズのひとつだと言えます。

へそ天をしていることが多いのであれば、それだけリラックスしている可能性も高いと思ってよいでしょう。

スポンサーリンク