『飼い主は自分だニャ』と思っている猫がする行動5つ

『飼い主は自分だニャ』と思っている猫がする行動5つ

猫には犬のような上下関係はない、といわれていますが、「自分が飼い主だ」と思っているような場合があるようです。そのような猫がとる行動とは?愛猫にどう思われているかのチェックに使ってください。

3168view

1.触らせてくれない

怒る猫

飼い主さんのことを下に見ていると、触らせてくれない場合があります。ただ、猫が触れさせてくれないのにはさまざまな理由があるため、本当に「飼い主は自分だ」と思っているのかどうかの判別は、かなり難しいです。

近くによってくるのに触らせてくれない場合は、単に怖いのかもしれません。もしくは触られるのに慣れておらず、思わず逃げてしまうということも。

もし飼い主さんのことを下に見ているのなら、触らせてくれない以外の行動があるかどうかを確かめるとよいでしょう。この記事で紹介する他の項目も、参考にしてみてください。

2.要求があるときのみ、近寄ってくる

スリスリ

要求があるときのみ近寄ってくる場合、猫が「飼い主は自分だ」と思っている可能性もあります。たとえば、ご飯やトイレ掃除をしてほしいときのみ、「○○して」とくるのなら、猫の方が「自分が飼い主だから、あなたは言うことを聞いて当然」と思っているかもしれません。

もし飼い主さんのことを「飼い主」として認識していれば、要求がなくても甘えてくることもあるでしょう。それが一切ない、ということは、そういうことなのかもしれません。

ただ、甘え方がよくわからない、本当は甘えたいけれど遠慮している、という場合もあるようです。少しずつ愛猫との心の距離を近づけていくと、甘えてくれるようになるでしょう。

3.飼い主さんからのアプローチには応えない

微妙な顔の猫

基本的に猫は、自分から飼い主さんにアプローチをして、要求を通すことが多いようです。近くに行ったりスリスリしたりして、その気持ちを伝えます。

ですが、飼い主さんが愛猫を構いたいとき、猫の気分が乗らないと、拒否されてしまうことがあるのです。それがいつもとなると、「こっちが飼い主なんだから、あなたの要求に答える必要はない」などと思われているのかも。

自ら喜んで猫の下僕になる飼い主さんがいるようですが、へりくだりすぎるのもよくありません。飼い主としての威厳を持って接していれば、このような事態は避けられるでしょう。

4.高いところから見下ろしてくる

高いところにいる猫

猫は高いところを好みますが、上から飼い主さんを見下ろしているのはもしかすると、下に見ているからかもしれません。猫がそのような場所にいるのは、周囲を観察するためと獲物を見つけやすくするため、そして優位性を示すためなどといわれています。

「自分の方が上の立場だ」と見せつけていると考えられるのです。高いところから飼い主さんの上に降ってくるのは、優位性をアピールしている行動だと思われます。

5.プレゼントをしてくれる

プレゼント

猫が飼い主さんにプレゼントをしてくれるのは、一見よさそうに思える行動なのですが、実は下に見ているとも考えられるよう。というのも、人である飼い主さんは、猫のように獲物を狩ることができない場合が多いので、「どん臭いヤツ」だと思われている可能性があるのです。

ですから猫が狩りをして、「しかたないから獲ってきてやった」と言いたいのかもしれません。

まとめ

飼い主の上に座る猫

筆者宅にも1匹、「私が飼い主よ」と思っていそうな猫がいます。撫でてほしいときは何もいわずにそばにきて、撫でないと「なんで撫でないの?」と言わんばかりの視線を向けてきますし、ご飯も「食べさせなさいよ」と手に乗せないと食べてくれない場合が。いつの間に立場が逆転してしまったのか分かりませんが、それでも精一杯、可愛がろうと思っています。

スポンサーリンク