猫に安心して与えられる『飲み物』とは?5つのポイント

猫に安心して与えられる『飲み物』とは?5つのポイント

猫の水分補給は水が基本です。猫によってはあまり水を飲んでくれないこともあります。水以外に猫が飲むことができる飲み物はあるのでしょうか。安心して猫が飲める飲み物にはどのようなものがあるのかご紹介します。

1892view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.水道水

上から出る水を飲む猫

ミネラルが多く含まれている水は、猫が尿路結石になる恐れがあります。しかし、日本の水道水のほとんどがミネラルの少ない軟水です。また、塩素で処理されているので、雑菌の繁殖がおさえられています。

しかし、新鮮な水が飲めるように1日に1回は交換をしましょう。ミネラルを多く含む硬水の地域もあります。尿路結石になったことがある猫は注意が必要です。

2.軟水のミネラルウォーター

グラスの水を飲む猫

硬水はミネラルが多く尿路結石ができるおそれがあるので、猫に飲ませる場合はミネラルの少ない軟水のものを用意します。猫に与える前にミネラルウォーターのボトルのラベル等を確認しましょう。

ただ、ミネラルウォーターは水道水と違って、塩素で処理をしていないため腐りやすいです。開栓前のミネラルウォーターは常温で1~2年の賞味期限がありますが、開栓して飲み水の容器に入れたら1日に何度か交換をし、開栓後のミネラルウォーターは冷蔵庫で保管して早めに使用しましょう。

3.乳糖が分解された猫用ミルク

ミルクを飲む猫

猫用ミルクは、子猫用、成猫のおやつ、栄養補給などの種類があり、年齢に合ったものを選びましょう。猫用ミルクの見た目は牛乳と同じですが、乳糖が分解されています。猫は乳糖を分解する酵素が少なく、牛乳を飲むと下痢をしてしまうことがあるのです。

ミルクは水分補給や栄養補給、おやつとして猫に与えることができますが、与え過ぎは猫の肥満の原因となるので注意しましょう。

4.味付けされていない肉や魚のゆで汁

スプーンをなめる猫

鶏肉や魚のゆで汁を猫に与えることができます。飲み水に加えたり、キャットフードにかけたりすることで、水を飲む量が増えたり、食欲を出したりすることができます。

ただし、味付けされていない肉や魚のゆで汁、味付けされていないゆで汁に限ります。猫に与えるときは冷ましたゆで汁を与えましょう。

5.猫用の水分補給ドリンク

鼻をなめる猫

猫用に作られたスポーツドリンクに似た飲み物が売られています。素早く水分などを吸収できるように作られていて、猫が喜んで飲めるような味がついています。給与量がラベル等に書かれているのでそれを目安に与えましょう。

まとめ

ミルクの入った器と座る猫

猫に安心して与えられる飲み物は、基本的に水道水です。ですが他にも、猫用ミルク、軟水、肉などのゆで汁、猫用に作られた市販のドリンクなどの飲み物を与えることができます。

それぞれ注意すべきこともありますが、猫に水分補給をさせたいときや、おやつとして与えたいときなど状況に応じて与えてください。

スポンサーリンク