猫を飼ったら絶対しちゃダメな『禁止事項』5つ!思い込みが危険な事故を招くことも!

猫を飼ったら絶対しちゃダメな『禁止事項』5つ!思い込みが危険な事故を招くことも!

猫を迎えたら、やってはいけないことがいくつかあります。今回は、特に気をつけてほしい禁止事項とよくある誤解について紹介いたします。

4495view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫との暮らしで気をつけてほしいこと

窓から身を乗り出す猫

猫は想像以上に賢く、好奇心旺盛な動物です。一緒に暮らすうえでいくつか気をつけてほしいことがあります。

ここでは、特に控えてほしいことを5つ紹介いたします。

1.窓を開けっ放しにする

春は、窓を開けると心地よい風が入って気持ち良いですよね。換気にもなって一石二鳥なのですが、そのまま放置するのは危険です。

たとえ網戸があったとしても、突進すればすぐに外れてしまいます。猫は動くものに反応しやすいので、そのまま飛び出してしまう恐れがあります。空気を入れ替えたら忘れずに窓を閉めてください。

ただし、猫が絶対に登れない位置の窓であれば少し開けておいても大丈夫です。

2.お菓子の袋を放置する

「後で捨てればいいか」とお菓子の袋を放置していませんか?猫はカサカサと音の出るものが大好きです。狩猟本能のスイッチがONになって遊んでしまいます。

誤飲のリスクがある他、お菓子の袋の場合は、猫が食べてはいけない食材が含まれている可能性があるので気をつけなければなりません。

危険な食べ物としては、玉ねぎ・ねぎ・チョコレート・ぶどうなどが挙げられます。これらを含むお菓子類はもちろん、食材そのものの管理も徹底してください。

3.洗濯機の蓋を開けておく

洗濯機の中の猫

乾燥させることを目的に洗濯機の蓋を開けておく習慣はありませんか?猫が出入りしない場所にあれば問題ないのですが、自由に近づける場合は要注意です。

祖先が穴蔵で生活していた名残りから、猫の秘密基地になってしまいます。何かの拍子に蓋が閉まってしまえば閉じ込められてしまうでしょう。

猫を家族に迎えたら、洗濯機がある場所を出入り禁止にするか、蓋を閉める習慣を心がけてください。

4.アロマを焚く

猫は肉食動物なので、精油の成分を肝臓で分解することができません。よって、アロマは危険なものとして認識しておいてください。

ちなみに、犬は肉食寄りの雑食です。犬用のアロマを犬の暮らしに取り入れるのは問題ありません。

5.猫にとって危険な花を飾る

猫の命を脅かすほど危険な花や植物がいくつか存在します。猫の生活拠点には置かないようにしてください。

  • ユリ科の植物(花瓶の水も危険)
  • アジサイ
  • カーネーション
  • シクラメン
  • ポインセチア

まとめ

シクラメンと猫

猫と暮らし始めたら「〇〇しっぱなし」の習慣に気をつけてください。脱走や誤飲などのアクシデントの原因になります。そして、危険を伴う花やアロマは控えるようにしてください。

猫は、素っ気ない態度を取りながらも飼い主さんを大切に思っています。猫のほうからスキンシップを求めてきたら応じてあげましょう。

最後に、猫は手がかからないといわれていますが、生き物なので手はかかります。最期の瞬間を迎えるまで大切に育ててあげましょう。

スポンサーリンク