猫に『フラッシュ撮影』は禁止!危険なトラブル3つ

猫に『フラッシュ撮影』は禁止!危険なトラブル3つ

猫好きさんであれば「可愛い猫の姿をカメラに収めたい!」という気持ちは誰でも思うはず。しかし、写真をとること自体は問題ありませんが、撮影時のフラッシュには注意をしなくてはいけません。今回は猫に対するフラッシュ撮影で起こりやすい危険なトラブルについて解説してまいります。

504view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫のフラッシュ撮影にはこんな危険が!

スマホで撮影される猫

野良猫や猫カフェの猫、猫を飼っている場合は自宅の愛猫など、あらゆる場所で猫を撮影するチャンスはたくさんあります。

猫の写真を撮るのが趣味のひとつになっている猫好きさんも多いのではないでしょうか。

しかし、猫の写真をとる時にひとつ気をつけなくてはいけないことがあります。それは「フラッシュ撮影」です。

カメラのフラッシュは猫の目にとって大きな負担となる恐れがあるため、猫に対してフラッシュ撮影を行うのは厳禁と言えます。

では、具体的にフラッシュ撮影をしてしまうとどのようなトラブルが起きてしまいやすいのかさっそく解説をしてまいります。

猫の写真を撮る機会がある人は、ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

1.目に障害が出る恐れがある

猫とカメラ

前述したように、猫の目にとってカメラのフラッシュの光は刺激が強いです。

何回もフラッシュの光を見つめてしまうと猫の網膜がダメージを受けてしまい、視力に悪影響を与える恐れもあるため、気をつけなくてはなりません。

ちなみに「猫をフラッシュ撮影してしまうと失明する」といった説もよく聞きます。

しかし、これに関しては猫によっても個体差があるため、一概にはいえません。

カメラのフラッシュ以外にも強い光を猫が見る機会はたくさんあるため、たった一度のフラッシュ撮影だけで失明をするというケースは考えにくいです。

しかし、フラッシュによってダメージを受けるということは確実に分かっているため、たった一度の撮影だったとしてもフラッシュは厳禁といえるでしょう。

2.けいれんを起こす恐れがある

古いカメラと猫

フラッシュによってダメージを受けるのは、目だけではありません。

猫の体質やフラッシュによるダメージの大きさによっては、けいれんを起こす危険もあるのです。

命に別状はなかったとしても、フラッシュ撮影することによってけいれんを起こしてしまうと、猫のからだには大きな負担がかかります。

けいれんを防止するためにも、やはりフラッシュ撮影はしてはいけないのです。

3. 猫をびっくりさせる恐れがある

暗闇の中で驚く猫

目の障害やけいれんなどの大きな異変がなかったとしても、猫に精神的な負担を与える危険性もあります。

特に暗いところなどでいきなりカメラのフラッシュを光らせてしまうと、猫を怖がらせてしまいストレスになってしまう可能性もあるのです。

猫をリラックスさせてあげるという意味でもフラッシュ撮影は避けるべきといえますね。

まとめ

カメラと猫の写真

猫の可愛い姿を写真に残したかっただけなのに、猫にとって大きいストレスとなる結果に繋がってしまうのはとても悲しいですよね。

愛猫を撮影する場合は、猫の習性や健康を考慮しつつすることが非常に重要です。

スポンサーリンク