猫が『愛情不足』を感じている時のサイン4つ

猫が『愛情不足』を感じている時のサイン4つ

自由気ままで、構ってほしい時だけ甘えるなどのイメージを持たれることが多い猫ですが、愛情不足を感じる時もあるのです。愛情不足を感じている時、猫は飼い主さんにサインを出しています。

14374view

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

飼い主さんと遊んだり飼い主さんのそばにいたいのに充分に出来なくて欲求不満を抱えることを、この記事では「愛情不足」と呼んでいます。欲求不満を抱えることもストレスの一つであり、不安や恐怖によって抱えるストレスがある場合と同様に、この記事で紹介したようなサインを出すことがあります。

1.毛づくろいの時間が増える

毛づくろいをする猫

猫はきれい好きで、もともと毛づくろいをすることが多いですが、その時間がさらに増えて、舐め過ぎることによって毛が抜けたりちぎれたり、また皮膚が赤くなっている場合は愛情不足のあらわれの可能性があります。

猫の毛づくろいにはもともと、体をきれいにすること以外に気持ちを落ち着ける効果もあります。

愛情不足によって感じている欲求不満や不安定になった気持ちを落ち着かせようと、毛づくろいが過剰になってしまうのです。

精神的な理由によって起こる脱毛や皮膚の炎症などは、他に原因となる病気がないことを確認して初めて診断することができるので、猫に脱毛や皮膚炎などが見られたら動物病院を受診しましょう。

2.落ち着きがない

人の足元にいる猫

飼い主さんとの遊びや触れ合いが足りないと、欲求不満から気持ちが落ち着かなくなります。

飼い主さんの姿が見えなくなったり、構ってもらえなかったりすると、いつまでも鳴き続けることがあります。

また、しつこく飼い主さんについて回るようになることもあります。

「最近、あまり構ってあげられてないな。」とか「もっと遊んであげないと。」と飼い主さんが思い当たることがあれば、できる限り構ってあげれば良いでしょう。しかし、人に構ってもらうのが大好きな猫の場合、猫が主張するがままにいつも構ってあげると、分離不安症を引き起こしてしまう恐れもあります。

分離不安症は、猫と飼い主さんの距離が近すぎること、以前は猫が構ってもらいたい時にはいつでも構ってもらえていたのにそれが出来なくなることが原因のひとつです。

分離不安症の症状は様々ですが、鳴き続けたり過剰にグルーミングをしたり、トイレ以外でトイレをすることなどが見られます。食欲がなくなったり何かを吐くようになる猫もいるそうです。

猫を分離不安症にさせないためには、猫の性格に合わせて充分に遊びや触れ合いの時間を持った上で、猫との距離感を適度に保ち、飼い主さんが家にいる時でも猫が一人で過ごす時間を作ったり、飼い主さんが主導権をもって接したりすることが大切です。

3.布を食べる

毛布に包まる猫

猫は、柔らかい布やビニール製品など、食べ物ではない物を吸う、軽く噛み続ける行動をとることがあります。「ウールサッキング」と呼ばれる行動です。子猫であれば正常な行動ですが、一般的には成長につれてなくなっていく行動です。しかし、一部の猫では大人になっても続けたり、以前はやらなかったのに突然ウールサッキングを始めるようになることがあります。

ウールサッキングの原因はまだはっきりとは解明されておらず、早期離乳や早期に母猫や兄弟と別れることが原因の一つかもしれないとは言われていますが、愛情不足で不安になった時や、満たされない時にも布を吸ったり噛んだりしているうちに布を食べてしまう猫がいるのです。

布を食べてしまうと、手術でお腹を開けて取り出さなければいけなくなることもあります。

4.トイレの失敗、粗相

目を閉じる猫の顔

分離不安症の説明でも書きましたが、ストレスがかかっている猫はトイレ以外の場所にトイレをすることがあります。何か不安に感じることがあると、排泄物で自分の臭いをつけてできるだけ家を安心できる場所にしようと、家のあちこちやトイレ以外の特定の場所でトイレをするのです。

また、愛情不足とは関係ありませんが、トイレの環境そのものが気に入らず、トイレ以外の場所にトイレをすることもあります。

猫は泌尿器系のトラブルが多い動物ですので、トイレ以外での排泄が見られる場合にはまず動物病院を受診し、治療すべき病気がないかをチェックしてもらいましょう。体に異常はないのにトイレ以外の場所でトイレをしてしまう場合には、トイレ環境(トイレの大きさや砂の種類や深さ、屋根のありなしなど)や生活環境(何か猫のストレスとなっていることはないか)を見直してみましょう。

まとめ

寝そべる猫

猫は飼い主さんからの愛情不足を感じると欲求不満になり、気持ちを落ち着かせたりなんとか要求に応えてもらおうとして、以下のような行動や異常を見せる場合があります。

  • 毛づくろいが過剰になる
  • 鳴き続けたり飼い主さんについて歩いたりする
  • 布を吸う癖がひどくなる
  • トイレ以外の場所でトイレをする

日ごろから、生活の変化や遊びの不足などで猫が欲求不満や不安を感じていないかを確かめるようにして、もし思いあたることがあれば遊ぶ時間やスキンシップの時間を増やしてみたり、不安の原因となっているものを取り除いてあげましょう。

それでも改善されない時や、猫の体調が悪い時は動物病院に相談をしましょう。

スポンサーリンク