猫が一緒に寝たがるのはなぜ?その理由や注意点3つ

猫が一緒に寝たがるのはなぜ?その理由や注意点3つ

「夜寝ようとしたら愛猫が隣にやってきて一緒に眠ろうとする」といったような、猫好きなら誰もが憧れるシチュエーションで眠っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。今回は猫が一緒に寝たがる理由や、一緒に寝る時の注意点について解説をしてまいります。

3283view

猫が一緒に寝たがる理由を解説!

人間の上に乗って甘える猫

猫用ベッドや猫用ハウスを用意してあげているのに、何故か寝る時はいつも飼い主さんのところにやってくる…という場合、恐らく何らかの目的や理由がある可能性が高いといえるでしょう。

なぜ猫は人間と一緒に寝たがるのか、そして猫と一緒に寝る場合どのような点に注意すればよいのか、よくある理由や注意点についてさっそく解説をしてまいります。

愛猫といつも一緒に眠っている飼い主さんの参考になれば幸いです。

1.飼い主さんのことが好きだから

布団で眠るキジトラ猫

眠っている間も飼い主さんに甘えたくて、一緒に寝ようとする猫は多いです。

特に飼い主さんのことを実の親のように慕っていたり、甘えん坊な性格の場合、一緒に眠るのが習慣化しやすいといえるでしょう。

もちろん、飼い主さんのことが大好きで絶大な信頼を置いていたとしても、寝る時はひとりを好む猫もたくさんいます。

そのため、「夜一緒に寝てくれない=嫌われている」とはもちろん断言できません。

ただ、猫は嫌いな相手にわざわざ近づいていくことは基本ないため、夜近くに寄ってきて眠るということは猫からの信頼の証と捉えてよいでしょう。

2.温かい場所で寝たいから

布団の上で丸くなる猫

「夏の暑い時期は全く寄ってこないけど、冬になると毎年必ず一緒にくっついて寝ようとする」という場合は、暖を求めて一緒に寝ている可能性が高いです。

とはいえ、たとえ寒かったとしても、嫌いな相手の近くでわざわざ暖を取ろうとする猫は少ないです。

目的が寒さしのぎだったとしても、くっついて寝ようとしてくる猫にはかなり好かれていると言っても良いでしょう。

3.猫と一緒に寝る時に注意すべきことは?

睡眠中の猫

猫と一緒に寝ること自体は特に問題ありませんし、一緒に寝ることによって猫からの好感度がさらにアップする可能性もあります。

ただし一点だけ注意しておきたいのが、からだの小さな猫や子猫と寝る場合です。

寝ている間にうっかり愛猫を押しつぶしてしまうと、最悪の場合窒息などの命に関わる事故に繋がる可能性もあります。

そのため、からだが小さな猫とは一緒に寝ないように注意してください。

必要であれば、布団に入らなくても快適に眠れるように室温などを上げてあげるのもおすすめです。

まとめ

布団の中で眠る猫たち

猫が一緒に眠ってくれるということは、かなり好かれているサインともいえます。

そんな猫からの好意を無駄にしないように、押しつぶしなどの事故には十分注意し、猫と接するようにしましょう。

スポンサーリンク