猫に『ハンドクリーム』は超危険!2つのNG理由とは?

猫に『ハンドクリーム』は超危険!2つのNG理由とは?

私たちが日常的に使用しているものの中には、猫にとって危険なものがあります。ハンドクリームもそのひとつ。ハンドクリームを塗った手を猫が舐めたり、ハンドクリームを塗った手で猫を撫でると成分が猫の口に入ってしまうことがあるのです。では、ハンドクリームが猫にダメな理由は何でしょうか?

2016view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.アロマオイルは少量でも危険

人の指を抱えて舐める猫

猫がハンドクリームを口にしてはいけない理由は、その成分にあります。

良い香りのするハンドクリームは、使っていて癒されるものですが、香りの成分の多くはアロマオイルです。

猫はグルクロン酸抱合という物質を代謝する経路がなく、解毒が苦手な動物です。そのため、植物から抽出したアロマオイルを体内で分解することができません。

人間には良い作用のあるアロマオイルですが、猫には毒になることがあります。

ハンドクリームだけでなく、室内でアロマオイルを焚くのも危険です。

中には猫にも安全なアロマオイルもあるようですが、基本的には使用しない方が安心でしょう。

2.保存料や防腐剤に注意

猫の頭を撫でる人の手

アロマオイルの他、ハンドクリームには保存料や防腐剤などの添加物が含まれています。

人間が皮膚に使用しても問題のないものですが、猫が口から摂取した場合の安全性は確認されていません。

ハンドクリームを塗った後の手を猫が舐めたり、ハンドクリームを塗った手で猫を撫でると猫の被毛に成分が付着し、それをグルーミングの際に猫が口にしてしまうことがあります。

手や被毛に着いているハンドクリームなので、ごく微量ではありますが、ハンドクリームは日常的に使用することが多いもの。

たとえわずかであっても、猫が毎日舐め続けてしまうのは心配ですね。

ハンドクリームを塗る時の注意

猫とその向こうにいる女性

猫を飼っていたら気をつけなければならないことはたくさんあります。

私たちが何気なく使っているものでも、猫に危険なものは数多いのです。

とはいえ、手荒れの季節、ハンドクリームを使いたいですよね。

ハンドクリームを塗った後は、猫に触れないようにしましょう。

猫に手を舐められないように注意も必要です。

ハンドクリームの香りや油分が気になって、ハンドクリームを塗った手を舐めたがる猫も多いのです。

ハンドクリームを選ぶ際は、できるだけ添加物の少ないものにしましょう。

食品由来成分や天然成分のみで作られたハンドクリームが安心ですが、アロマオイルが含まれているものは注意した方がよいでしょう。

ハンドクリームの代わりになるもの

瓶に入ったオリーブオイルと猫

猫のことを考えたらハンドクリームはやっぱり心配。でも、手荒れは気になります。

そんな時は、ハンドクリームの代用に馬油やワセリン、化粧用のオリーブオイルを使用するのがおすすめです。

もちろん、香りのついていないものを選んで下さいね。

オリーブオイルは植物の油ですが、猫が舐めても害はないとされています。適量なら、健康にも良いと言われているほどです。

ただし、オリーブイルは空気に触れると酸化してしまうため、少量を薄く塗り、残った油分は拭き取りましょう。

まとめ

手についたクリームを舐める2匹の猫

猫を飼っていると、日常生活の中でも気をつけなければならいことは、たくさんあります。

アロマの香りが好きな人にとっては、香りを楽しめないのはちょっと残念かもしれません。

良い香りのするハンドクリームは手荒れが気になる方には魅力的です。

でも、大切な猫のため。ハンドクリーム選びも慎重にしましょう。

スポンサーリンク