猫にとって『最高の飼い主』とは?理想に近づくための3箇条

猫にとって『最高の飼い主』とは?理想に近づくための3箇条

猫を飼っている多くの人は「どうしたらこの子にとって最高の飼い主になれるだろうか」といったことを考えたことがあるのではないでしょうか。そこで今回は猫が(一緒にいたい♡)と思ってくれるような「最高の飼い主」になるための3箇条を紹介してまいります。

3574view

どんなことを意識すれば「最高の飼い主」になれる?

幸せそうに眠る猫

猫と飼い主さんによって相性は異なるので「最高の飼い主」になるための絶対的な正解はないといえるでしょう。

しかし、猫が「一緒にいて心地よい」「この飼い主さんなら信頼できる」と思えるような飼い主さんにはいくつかの共通点があります。

今回はそんな素敵な飼い主さん達に通じる「最高の飼い主さんに近づくための特徴」について解説してまいります。

これから猫をお迎えする予定がある方や、猫を飼っているけど仲良くなるコツがいまいち分からない…といった方のヒントになれば幸いです。

1.しつこく接しない

箱の中でくつろぐ猫

猫は自分のペースをとても大事にする生き物です。

まったりとひとりでくつろぎたい気分なのに、飼い主さんにしつこく付きまとわれて自分のペースをかき乱されることを嫌う猫はたくさんいます。

猫が飼い主さんから距離をとろうとしている時や、ひとりきりになれるようなスペースでくつろいでいる時は、そっとしておくのも大切なのです。

2.猫の方から要求があった時はすぐ応じる

猫の額を撫でる人間の手

猫の気持ちに合わせて時にはそっとしておくことも大切です。

しかし、反対に猫の方から「構ってほしい」「ごはんが欲しい」といった要求があった時は、すぐに応えてあげるのも重要なポイントといえます。

猫からの要求にすぐに応えてあげることで「この飼い主さんは自分の要求を大切にしてくれる人だ」と認識してもらいやすくなるからです。

ただし、あきらかにおやつを食べ過ぎているのに「もっと食べたい」とおねだりしてきたり、危険な場所(屋外や危ないものが置いてある部屋等)に「行きたい」と訴えてくる場合は健康や安全を考慮して要求を断ることも大切です。

3.猫にとって快適な環境を用意してあげる

仰向けで眠る猫

外の世界を全く知らない完全室内飼いの猫の場合、飼い主さんと一緒に生活しているその家が「世界のすべて」と言っても過言ではありません。

そのため、家の中をできるだけ「猫が住みやすい環境」に整えてあげるのも重要です。

  • ごはんや水を決まった時間に与えるように意識する
  • こまめに掃除をして清潔な環境を保つ
  • 猫がくつろげるスペースをたくさん作ってあげる

以上のような猫への配慮を積み重ねていくことで、猫のストレスが溜まりにくい環境を構築してあげましょう。

まとめ

こちらをじっと見つめる猫

猫にとって「最高の飼い主」を目指すのであれば、猫が快適に過ごせる環境づくりや猫の気持ちを思いやった行動を心がけることが大切です。

できることから少しずつ意識して行動をとっていけば、きっと猫からの好感度も上がっていくことでしょう。

スポンサーリンク