猫が『抱きついてくる』時の気持ち3つ

猫が『抱きついてくる』時の気持ち3つ

ふとした時に愛猫がいきなりギュッと抱きついてきたことはありませんか。猫が人間に抱きついてくるのにはどのような気持ちが込められているのか、本記事で解説をしてまいります。可愛らしい猫の行動に隠された気持ちを知れば、愛猫との関係をさらに向上できるかも…!?

1817view

猫はどんな気持ちで抱きついてくるの?

ぬいぐるみを抱きしめる猫

猫の方から近寄ってきて抱きついてくる姿は、とても愛くるしくて癒されますよね。

人間同士の場合は好意を伝えたい時や嬉しい時にギュッとハグすることがあります。

しかし、猫の場合はまた人間とは異なった気持ちで抱きついてくることがあるのです。

そんな興味深い「猫が抱きついてくる理由」について、さっそく解説をしていきましょう。

1.「思いっきり甘えたい」と思っている

甘える猫

やはり単純に「思いっきり甘えたい」という気持ちから抱きついてくる猫は多いです。

飼い主さんに撫でてもらいたい時やおやつをもらいたい時、猫用おもちゃで遊んでほしい時などに抱きついてきてアピールする猫はたくさんいます。

「構ってよー」という気持ちから鳴いてみたけど飼い主さんが気づいていない場合など、自分の気持ちをもっとはっきりと伝えるために抱きついてくるケースもよくあるようです。

2.「獲物だからじゃれつきたい」だと思っている

人間の手に抱きつく猫

飼い主さんの手足などに抱きついてきた後、すぐに後ろ足などで思いっきりケリを入れてくるような時や噛み付いてくるような場合は、飼い主さんのからだを「獲物」だと思っている可能性が高いです。

「獲物だからまずはしっかりと抱きついて、相手の動きを封じ込めてから攻撃をしよう」といった気持ちからこのような行動をとることがあります。

このようなケースの場合「猫から攻撃されるので怪我をしてしまって困る…」といった飼い主さんも多いはず。

そのため猫用のけりぐるみなどを使い、飼い主さんのからだではなく、けりぐるみを「獲物」として遊ばせてあげるとよいでしょう。

3.「寒いのでくっついて暖をとりたい」と思っている

膝の上で温まる猫

冬の時期などの寒い時期限定で抱きついてくる場合、「寒い」「暖をとりたい」という気持ちになっている可能性があります。

飼い主さんに抱きついて温まる場合もありますし、多頭飼いをしている場合は他の猫に抱きついたりすることもあるのです。

猫が寒がっている場合は、部屋の暖房を強くしてあげたり、猫用の毛布や暖房器具などを用意してあげるのがおすすめです。

まとめ

まんまるなおめめの猫

猫は基本的に心を許している相手にしか抱きつきません。

そのため、もし愛猫が抱きついてきた場合は「猫から信頼されている証」ともいえるでしょう。

猫の方から抱きついてきた時は、猫の気持ちに応じて甘えさせたり快適な環境を用意してあげれば、猫からの信頼度をさらに上げることができるかもしれませんよ!

スポンサーリンク