猫が『苦手なもの』ランキングワースト3

猫が『苦手なもの』ランキングワースト3

猫には苦手なものがたくさんあります。猫を飼っていると猫の反応で気がつくことも多いでしょう。その中で猫が最も苦手としているものはなんでしょうか?ランキング形式でご紹介します。

2201view

1.大きな音「掃除機」「ドライヤー」

掃除機を振り返る猫

多くの猫が嫌うのが、掃除機。掃除機を出してくると、部屋から飛び出して行ったり、動いている掃除機に猫パンチしてくる、なんてこともありますね。

聴覚が優れている猫は、大きな音が苦手なのです。

猫から見たら大きなものが大きな音を出して迫ってくるのですから、よほど怖いのでしょう。他にもドライヤーが嫌いな猫も多いです。

インターホンなども、音自体はそれほど大きくなくても、突然鳴るのでびっくりすることがあるようです。人間でも、不意にインターホンが鳴ると驚いてしまいますよね。

花火や雷も、急に大きな音がするので、苦手だという猫は多いでしょう。

2.体のケア「爪切り」「シャンプー」

シャワーをかけられている猫

爪切りを見せると逃げていく、という猫は多いですね。

猫は、爪切りやシャンプー、耳掃除や歯みがきなどのお手入れをされるのが苦手なのです。

子猫の頃から慣れさせておくと、比較的おとなしくやらせてくれることもありますが、なかなか難しいですね。無理をするとますます嫌がられてしまいます。

どうしてもうまくできない時は、市販されているドライシャンプーや歯磨きシートなどを使用するのもおすすめです。プロにお願いするという方法もあります。

3.香りが強いもの「香水」「アロマオイル」

香水の瓶と猫

猫は嗅覚も優れています。食べ物が傷んでいないか、食べられるかを判断するために嗅覚が重要な役割をはたしているのです。

そのため、香水や柔軟剤など、強い香りがするものをとても嫌がります。

特に猫は柑橘系の香りを嫌うことが多いです。

しつけ用としてこの香りが利用されることもあり、猫がイタズラする場所に吹きかけたり、野良猫の侵入を防ぐために使われます。

猫が嫌がるだけならいいのですが、吸い込むと猫の害になるものもあるので要注意。

人間にはリラックス効果のあるアロマオイルやハーブも、猫が口にすると中毒を起こす危険性があるのです。

また、香辛料やコーヒーも猫の体に害を及ぼします。

普通に生活しているだけでも、周囲には香りがたくさんあります。猫が吸い込んだり舐めたりしないように気をつけましょう。

その他の猫が苦手なもの

キャリーケースの中の猫

猫が苦手とするのもは、他にもまだまだあります。

シャンプーは猫の苦手なもののひとつですが、これには濡れるのが嫌だからという理由もあります。

猫の被毛は水を含みやすく、濡れるとなかなか乾かないので、濡れるのを嫌うのです。

また、猫の祖先が砂漠で生きてきたことから水が苦手とも言われています。

他には、タバコなどの煙や来客、キャリーケースなどなど。数えてみると、猫が苦手なものは、身近にたくさんあるものですね。

まとめ

驚いたような表情の猫

猫が苦手なものはたくさんありますが、それは猫の体質や習性によるものです。

仕方のないもの、どうしようもないものもありますが、人間には何でもないものが、猫には不快だったり恐怖だったりします。

それらにさらされているとストレスを抱えてしまい、体調を崩す可能性もあるので、猫が嫌がることはできるだけ避けられるようにしてあげたいですね。

特に猫の体に害になるものには気をつけましょう。

スポンサーリンク