猫が飼い主のそばを離れない時の気持ち5つ

猫が飼い主のそばを離れない時の気持ち5つ

猫は時々、飼い主さんに密着して離れなくなることがあります。どのような心境なのでしょうか?猫がそばを離れない気持ちについて解説いたします。

1888view

愛猫がべったり♡密着する理由とは?

甘える猫

愛猫がくっついて離れなくなることはありませんか?飼い主さんにとっては至福のひとときですが、猫はどのような気持ちなのでしょう。

ここでは、猫が密着する理由を5つ紹介いたします。

1.甘えたい

猫にもそれぞれ個性があり、飼い主さんにべったり甘えていたいと思う子がいます。留守番が問題なくできる子であれば、気が済むまで甘えさせてあげてください。

2.飼い主さんを独り占めしたい

主に帰宅後に密着する猫は、浮気チェックをしています。しきりににおいを嗅いできたりはしませんか?

そう、猫は嗅覚が優れているのでにおいを分析することができるのです。よその猫のにおいに気づいた他端、威嚇することもあるでしょう。

そして、仕上げはスリスリです。顔をすり付ける理由は、自分のにおいを上書きする行動になります。「飼い主さんは私だけのもの♡」とアピールしたいのです。

3.安心できるから

甘える猫

幼い頃から人と暮らしている猫は、子猫らしさを残したまま成猫へと成長します。お母さんにくっついていると安心するように、飼い主さんに甘えることで安心感を得ています。

家猫にとって飼い主さんは安全基地になります。いざという時に守ってくれる人がいるからこそ、家中を冒険して歩けるのです。

4.ご飯がほしい

甘えた声で鳴いたり、上目遣いでスリスリしていたらご飯がもらえた。このような経験のある子は、おねだりの意味を込めて密着するようになります。

可愛くて、ついついご褒美をあげたくなるでしょう。でも、肥満は様々な病気を引き起こすので、程々にしてください。

5.温まりたい

寒い時期になると、猫は心を許した猫同士で身を寄せあって暖を取ります。これを猫団子といいますが、家猫の場合は飼い主さんと猫団子を作ろうとします。

温まりたいという目的のためにくっついていると考えると、複雑な心境になるかもしれません。

それでも他の方法ではなく、飼い主さんに身を寄せることを選ぶということは、やはり安心できる相手だという証になります。

元気がないときは体調が悪いことも

ぐったりする猫

べったり甘える行動は、体調が悪くてもすることがあります。注意すべきポイントをあげてみます。

  • 普段通り元気ですか?
  • 食欲やトイレの様子はどうですか?
  • 活発になる時間帯には遊んでくれますか?

どれか1つでも違和感があれば、体調不良を疑いましょう。猫の場合は自然治癒が難しいケースが多いので、異変があれば診察を受けてください。

まとめ

見つめる猫

猫が密着してくるときの心境について紹介させていただきました。猫は本能的に警戒心が強い動物なので、飼い主さんに甘えるということは心を許している証になります。

ほんの数分間くっつくだけで満足することが多いので、気が済むまでそばにいてあげてください。

何かに怯えている様子があれば、留守番中に怖い思いをした可能性があります。

(例えば地震や雷など)しがみついて離れないようであれば、安心するまで密着させてあげましょう。

普段の愛猫の様子とは明らかに異なるときは、要注意です。体調を崩しているかもしれないので、甘える以外の行動をよく観察してください。

スポンサーリンク