『見つめてくる猫』が考えていること3つ

『見つめてくる猫』が考えていること3つ

猫に見つめられたら、可愛いと思ったり、ドキッとしたりしますよね。飼い主さんを見つめている猫は一体何を思っているのでしょうか?猫が見つめてくるときの気持ちがわかると、猫ともっと仲良くなれるかもしれません。

2738view

1.愛情表現

寝転がるサバトラ猫の顔

猫同士で見つ目合うのは、相手に敵意があることをあらわし、ケンカに発展してしまうこともあります。

しかし、猫が飼い主さんに甘えているときに目を見つめてきたら、同じように目を合わせてみましょう。

猫が目をそらさずに猫の瞳孔が少しだけ大きくなったり小さくなったりしていたら、それは猫からの親愛のサインです。

また、見つめてくる猫と目が合ったときに、猫が目を細めたりゆっくり瞬きをすることがあります。それは猫が「大好きだよ」と伝えてくれているんです。

同じように目を細めて猫からの愛情に応えてあげましょう。

2.お願いがある、期待している

見上げる茶トラ猫

猫が何か要求したいとき、飼い主さんの目をじっと見つめて訴える場合があります。

例えば、お腹が空いた、おやつの催促、遊びのお誘いなどのときです。飼い主さんに向かって目をキラキラさせて見つめたり、見つめながら鳴いたりすることもあります。

また、飼い主さんの様子を猫が観察して「遊んでくれるのかな?」「おやつをもらえるのかな?」と期待して見つめるケースもあります。

ごはんの時間や遊びの時間が近づくと期待のまなざしで飼い主さんを見つめるという猫もいるんです。

我が家の猫は、お気に入りの家族が夕食後にいつもなでてくれるので、食べ終わる頃になるとやって来て目をキラキラさせて待っています。

3.不満アピール

耳を後ろに向けるサバトラ猫

猫は飼い主さんに対して不満を伝えたいときも見つめて訴えます。

ごはんの時間を忘れられている、ごはんが足りない、トイレをきれいにしてほしい、遊び足りないなどのときです。

我慢の限界がきて不機嫌になっていることもあり、怒ったような表情で不満そうに鳴いて見つめる猫もいます。寂しさや嫉妬、やきもちを焼いて見つめているケースもあります。

飼い主さんの外出が長かった、新入り猫が来た、赤ちゃんが生まれたなど、構ってもらえる時間が少なくなり不満で見つめている猫もいます。

我が家の猫も後輩猫のブラッシングをしていると、とても冷めた表情で私を見つめてくるときがあります。

自分もブラッシングしてほしい気持ちと、後輩猫を構う私を軽蔑する気持ちから見つめているようです。

まとめ

カメラ目線の長毛の猫

猫が見つめてくるのは、飼い主さんに何かを伝えたいときです。それは、何かしてほしいことがあったり、愛情を伝えたかったりするときです。

また、不満を伝えたいときも見つめて訴えます。伝えたい内容によって表情が違っていたり、鳴いたりすることもあります。

猫が見つめてきたら猫が何を伝えたいのか理解してあげたいですよね。

スポンサーリンク