【猫心理】退屈?外で遊びたい?『窓の外を眺める猫』の気持ち4選

【猫心理】退屈?外で遊びたい?『窓の外を眺める猫』の気持ち4選

猫はよく窓の外を眺めていますよね。ずっと眺めている姿を見ていると、外で遊びたいようにも見えますが、どんなことを考えながら外を眺めているのでしょうか。猫が窓の外を眺める気持ちをご紹介します。

453view

1.縄張りを見張りたい

立って窓の外を見る猫

猫は縄張りを持つ動物で、室内で暮らす猫の縄張りは家の中になります。また、窓から見える範囲も自分の縄張りだと思っているとも言われています。

窓から外を見ているのは、自分の縄張りを脅かす敵がいないか見張っているためです。

特に猫同士の喧嘩や発情期の猫の鳴き声には敏感で、窓から離れずにずっと外を見るようになったり、落ち着かなくなったりしてしまうこともあります。

我が家の猫も家の外に猫があらわれるとずっと外を眺めています。

2.気になるものを見つけた

目を見開いて外を見る猫

鳥、虫、人、車、風で揺れる植物などを見つけて眺めているときがあります。

室内で暮らしている猫は敵に襲われることもなく、食べ物に困ることもありません。しかしそれでは刺激が少ないですよね。動くものをみていると刺激になり、猫なりに楽しんでいるようです。

我が家の猫達も鳥を見つけると「ニャニャニャ!」と鳴いてクラッキングをしたり、目をキラキラさせたりして眺めています。

3.ぼーっとしていたい

窓の外を見る長毛の茶色い猫

猫にもひとりになりたいときがあり、落ち着きたいときはぼーっと外を見ていることもあるようです。

邪魔されたくないと猫が思っている場合もあるので、名前を呼んでも反応がいまいちのときは、そっとしておいてあげましょう。

名前を呼んで反応してくれたら退屈で外を見ていたのかもしれません。おもちゃで遊んだり、スキンシップをとってあげましょう。

また、飼い主さんが外出してさみしいときなども、窓の外を見ながら過ごしていることがあります。窓の外を眺めたり、周りの音を聞いたりしながらリラックスしているのかもしれません。

4.日向ぼっこが心地よい

目を閉じている茶色い猫

窓の外を見ているようで、実は日向ぼっこを楽しんでいるだけの場合もあります。

暖かい太陽の光を浴びながら、ウトウトしたりリラックスしたりして過ごしているのでしょう。

猫は日向ぼっこが好きですが、水を飲まずに脱水で体調を崩してしまうこともあります。特に高齢の猫には注意しましょう。

まとめ

座って窓の外を見る長毛の猫

猫はよく窓から外を見ています。自分の縄張りのパトロールのため、外の物を見て楽しんでいる、外を見たり日向ぼっこをしたりしてぼーっと過ごしているなどの理由があります。

外を見ているからといって、外に出たいというわけではないのです。自分の縄張りである家の中から出るのが怖いという猫もいるんです。

愛猫が外を眺めたいたら、一緒に外を見てみてはいかがでしょう。愛猫が興味のあるものや、窓の外を眺めている愛猫の気持ちがわかるかもしれません。

スポンサーリンク