猫が『一緒に寝たがる』時の気持ちとは?3つの心理と気を付けるべきこと

猫が『一緒に寝たがる』時の気持ちとは?3つの心理と気を付けるべきこと

「夜寝ようとしたら愛猫がくっついてきた」「毎晩、愛猫が一緒の布団で寝ようとしてくる」といった経験をしたことがある猫の飼い主さんは多いのではないでしょうか。猫が一緒に寝ようとしてくる姿はとても可愛らしいですよね。一体猫はどのような心理でこのような行動をとるのか、本記事で解説をしてまいります。

3535view

1.愛猫が一緒に寝たがっている時の心理を徹底解説

女性と一緒に眠る猫

あなたのおうちで飼っている猫ちゃんはいつもどこで寝たがっていますか?

なかには「飼い主さんのそばでいつも寝たがる」といった猫ちゃんを飼っている人もきっといることでしょう。

なぜわざわざ飼い主さんのそばに近寄ってきて一緒に寝たがるのか、今回はそんな猫の心理について解説をしていきます。

猫の心理を理解した上で一緒に寝てあげれば、きっと愛猫との関係がさらに向上する可能性もあるので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

1.甘えたいから、安心感を得たいから

撫でてもらいながら眠る猫

最もよくあるのは「飼い主さんに甘えたい」「飼い主さんのそばに行って安心感を得たい」といった心理です。猫にとって「寝ている時間=無防備になる時間」といえます。

そのため、飼い主さんに懐いている猫の場合だと、甘えられる人や安心できる人のそばで寝たいといった気持ちになり、一緒に寝ようとするのでしょう。

飼い主さんに対して強い信頼感があるからこその行動といえますね!

2.寒いから

布団に埋もれて眠る猫

冬の寒い時期になると一緒に寝ようとする…といった場合は、暖を求めて飼い主さんと一緒に寝ようとしている可能性も考えられます。

飼い主さんの布団の中に入ったり、飼い主さんにくっつくことによって、暖かい環境で眠れるのでこのような行動をとるのでしょう。

ただし、例え暖をとるのが一番の目的だったとしても、猫は信頼していない人のそばにわざわざ近寄ることはしないので、やはりこの行動も猫から信頼されている証といえます。

3.クッション代わりにしたいから

人間の足の上に乗って眠る猫

毎回愛猫が飼い主さんのからだの上に乗って寝る場合、飼い主さんのことをクッション代わりに使っているのかもしれません。

人間のお腹や背中のほどよい弾力は、クッションのふかふか感にも似ているため、わざわざ上に乗っかって眠るのでしょう。

もちろん、このようなケースも「猫から好かれている証」といえます。

2.愛猫と一緒に寝る時の注意点とは?

布団の中にもぐる猫

愛猫と一緒に寝ること自体は特に問題ありませんが、からだの小さい猫と寝るような場合は、飼い主さんの体重で猫を押しつぶしてしまわないように注意が必要です。

押しつぶしてしまう危険がある場合は、飼い主さんのにおいがついている布団や服を近くに置いてあげて、猫がひとりでも安心して眠れる環境を作ってあげたり、寒がっている場合は部屋の温度を上げるなどの対策をとるとよいでしょう。

まとめ

少女と眠る猫

猫がそばに寄ってきて眠るのは、飼い主さんのことを大好きだと思っているサインともいえます。

寝る時に愛猫を押しつぶしてしまわないように注意をしながら、一緒に寝てあげればきっと猫との関係もさらによくなることでしょう。

スポンサーリンク