猫がとろける『極上抱っこ』のポイント4つ

猫がとろける『極上抱っこ』のポイント4つ

猫が可愛くて抱っこをしたくなるときもあれば、ケアや移動などで抱っこをしなければならないときもあります。しかし、抱っこが苦手という猫は多いようです。今回は猫が喜ぶ抱っこのポイントをご紹介します。

2919view

1.猫の「抱っこしてもOK」のタイミングを分かっている

人のあしもとで甘える猫

いきなり抱っこをすると猫がびっくりしてしまいます。猫が落ち着いているとき、膝の上に乗ってきたとき、スリスリしてきたとき、甘えてきたときなどに、猫をなでてあげましょう。猫がリラックスしてきたら「抱っこしてもOK」のタイミングです。

基本的に抱っこは、信頼関係が築けている猫にします。そうでない猫とは、スキンシップで良い関係を築き、猫が懐いてから抱っこに慣れさせましょう。

2.抱っこが安定している

女性に抱っこされる猫

安定した抱っこをしてもらえると猫は、リラックスすることができます。安定した抱っこをするには、抱っこの基本をできるようになりましょう。

猫の脇から片手を入れ前足の付け根を持ち、上半身を持ち上げます。もう片方の手でお尻を支えます。

抱っこしたら、猫と自分の体を密着させて安定させましょう。ギュッとしすぎず、猫が適度に動けるようにすると、猫が自分の好きな姿勢を見つけてよりリラックスしてくれるでしょう。

3.猫が嫌がる場所は触らない、嫌がったら抱っこをやめる

抱っこされるグレーの縞模様の猫

猫にはお腹やしっぽなど触られるのを嫌がる場所があります。抱っこしている間は猫にリラックスしてもらうため、猫が触られたくないと思う場所は触らないようにしましょう。

また、抱っこが好きな猫でも長い間抱っこされるのを嫌がる猫は多いです。

抱っこされるのが嫌になってくると、しっぽをブンブンと激しく振ったり、耳を後ろに向けるイカ耳をしたりします。そういったサインを猫が出したら、猫を下ろしてあげましょう。

4.抱っこがうれしくなることをする

抱っこされて目を閉じる猫

抱っこをしている間、猫に「かわいい、いいこだね」など優しく声をかけてあげたり、肩や顎など猫が自分でなめられない場所をなでてあげたりしてみましょう。抱っこが心地よいものと猫が感じてくれるかもしれません。

また、抱っこのごほうびとして、少しおやつをあげると「抱っこされると良いことがある」と猫が抱っこを好きになる可能性があります。

我が家の猫の場合、抱っこはあまり好きではないのですが、抱っこして部屋の中を歩くといつもと違う景色が見えて楽しいらしく、おとなしく抱っこされています。

まとめ

目を閉じて抱っこする女性と目を閉じる細める猫

猫が喜ぶ抱っこポイントは、猫のタイミングがわかる、猫がリラックスする安定した抱っこができる、猫が嫌がることをしない、抱っこが心地よいと思わせることなどが挙げられます。

愛猫がとろけてしまうような極上の抱っこをマスターしてみましょう。

スポンサーリンク