猫を飼ってわかった『驚きの事実』ランキングTOP5!お迎え前のイメージと変わったこととは?

猫を飼ってわかった『驚きの事実』ランキングTOP5!お迎え前のイメージと変わったこととは?

猫と暮らしてみると、数々のギャップに遭遇します。今回は家族に迎えて初めてわかる素顔について、イメージのギャップの大きいものを紹介いたします。

1046view

猫って本当は「こんな動物」なんです!

首を傾げる猫

皆様は猫にどのようなイメージをお持ちですか?

実際に一緒に暮らしてみると「えっ!?意外!!」と驚かされる場面が多々あります。

ここでは、猫を迎える前と後で変化しやすい印象トップ5を紹介いたします。

1.実は人懐っこい

猫は薄情だから嫌いという人がいますが、それは猫の愛情表現に気づいていないのでしょう。猫を迎えると「こんなに懐くんだ」と驚く飼い主さんは多いはず!

確かに気分屋なところはありますが、子猫モードを発動した猫はとことん甘えてきます。本当は人が好きなのです。

2.コミュニケーションが取れる

猫と暮らす人の多くは「うちの子喋るんだよ」と言いますよね。確かに「ごはん」や「おはよう」と聞こえるような声を発することがあります。

実際に話しているかはさておき、人間とコミュニケーションを取っているのは事実です。猫は本来、あまり鳴かない動物です。

敢えて鳴くのは、人間に伝わりやすいコミュニケーション方法を学習した結果なのです。気まぐれに返事や相づちを返してくれることもあります。飼い主さんにとっては、会話が成り立つようで嬉しくなる瞬間です。

3.本当は平和主義

猫は喧嘩っ早いという印象が強いかもしれません。これは大きな誤解です。

素顔は平和主義で、なるべく喧嘩を避けながら生きています。理由は至ってシンプルです。致命傷を負えば命の保証がないからです。

多頭飼育という環境下でも、さりげなく譲り合ったり、付かず離れずの距離を維持している様子が伺えます。

時々激しくじゃれ合うことはあっても、本気の喧嘩をすることはほぼありません。

4.インドア派

窓辺から外を眺める猫

かつての猫は自由に外出していたため、アウトドア派のイメージがあるのではないでしょうか?これも違います。

生まれてから1度もひとりで外出したことのない猫は、インドア派でお家の中が好きなのです。勢いで脱走してしまっても、家の近くで怯えていることが多いのです。

外を眺める行動から、遊びたがっていると誤解されることが多いのですが、これは単に程よい刺激を受けている程度に過ぎません。

退屈そうにしていたら、おもちゃで誘ってみてください。運動量としては室内遊びで十分です。

5.嫉妬深い

最初に人が好きだと紹介しましたよね。飼い主さんが好きなあまり、嫉妬することがあります。嫉妬の対象は必ずしも人とは限りません。

スマホやPCなど、飼い主さんが熱中するものは全て嫉妬の対象になり得ます。テレワークの邪魔をする行為も、嫉妬から来ています。

毎日必ずスキンシップを取る時間を確保してください。

まとめ

ねこ鍋に入る猫

今回は、猫と暮らして初めて分かる驚きの事実について紹介させていただきました。猫と暮らしていない方の中には、まだ疑念が残っているのではないでしょうか?

猫はミステリアスな動物ゆえに誤解も多いですが、その素顔は優しく飼い主さん思いなのです。

猫の実態が気になる方は、保護猫カフェなどに遊びに行ってみてください。ギャップ萌えから猫の虜になるかもしれません。

スポンサーリンク