猫の『咳』の原因は?考えられる病気5つと対処法

猫の『咳』の原因は?考えられる病気5つと対処法

滅多にはありませんが、猫も咳をすることがあります。問題となるのは、病気が原因となっているケース。どんな病気で猫は咳をするのでしょうか?

386view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.喘息

診察中

喘息は年齢に関係なく起こります。アレルギー反応によって炎症が起き、喘息になることが多いと考えられています。

アレルゲンを特定するにはアレルギー検査がありますが、ある程度の予測、というくらいです。血液検査やX線検査なども行い、総合的に判断しなければいけません。

喘息の主な症状は咳ですが、おさまれば普段の状態に戻ります。ただひどくなると命に関わる場合も出てきますので十分注意しましょう。愛猫が続けて咳をする場合は早めに獣医師に見せることをオススメします。

2.風邪

マスクをする猫

猫風邪により咳がでる場合も。他にも鼻水やくしゃみ、発熱などの症状が見られます。軽度ならそのうち治る可能性はありますが、なるべく動物病院へ連れていってあげましょう。

猫風邪はワクチン接種を行うと、感染の防止や発症した場合の症状軽減につながります。子猫や老猫は重症化しやすいので、特に注意が必要です。

3.細菌やウイルス

診察台の猫

細菌やウイルスが原因で肺炎や気管支炎などを引き起こし咳をすることも。多くの場合他の呼吸器系の疾患やいくつかの細菌やウイルス感染が絡み合って起こります。

ウイルス性の場合ほとんどは猫ヘルペスウイルスと猫カリシウイルスが原因です。ヘルペスウイルスは鼻炎や結膜炎も同時に起こす特徴があります。子猫や老猫など免疫が低い猫が感染しやすいので、注意してあげましょう。

外にいる子猫は感染しているケースが多いので、もし保護したらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

4.心臓病

薬と猫

猫ちゃんにも心臓病があります。特に多いのが心筋が分厚くなることで収縮力が弱くなってしまう「肥大型心筋症」です。

心臓病が進行すると咳を引き起こす場合があります。特にメインクーンやアメリカンショートヘアーなどが遺伝的になりやすいことが報告されていますので、気になる症状が見られた場合はすぐに病院に行ってみてもらいましょう。

5.フィラリア

寝ている猫

フィラリアの幼虫が肺の血管に入ると、それを猫の体は異物とみなして炎症を起こします。そのため咳が出るのです。他にも呼吸困難や嘔吐、食欲低下などが見られます。

悲しいことに症状が出たときにはすでに危険な状態です。フィラリアに寄生されると肺や心臓に大きなダメージがありますので、突然ショック状態となり命を落とす場合も。

現在これといって有効な治療法は確立されていません。そのため、愛猫がフィラリアにかからないようにするにはフィラリア予防薬が適しています。フィラリアを媒介する蚊を防ぐだけでは十分とはいえませんので、予防薬で守っていきましょう。

まとめ

うずくまる猫

突然愛猫が咳をしだしたら心配になりますね。そんなときはまず、落ち着いて咳をしているところを動画に収めましょう。その上で動物病院を受診すれば、より正確な診断につながります。

いつもと愛猫の様子が違うと感じたら、早めの対処をしていきましょう。

スポンサーリンク