猫から絶対目を離しちゃダメなシーン4選!怪我や事故を未然に防ぐ方法とは?

猫から絶対目を離しちゃダメなシーン4選!怪我や事故を未然に防ぐ方法とは?

家の中で猫を飼っていたら、それほど危険はないように思います。でも、身近なところに思わぬ怪我や事故につながる危険が潜んでいるのです。猫から目を離さない方がいいのはどんなシーンでしょうか?どうしたら怪我や事故を防げるでしょうか?

521view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.水を張ってあるお風呂

浴槽の縁に座っている猫

家の中の事故で多いのはお風呂です。小さな子どもがいる家庭では気をつけていることでしょうが、猫も注意しなければなりません。水回りに興味を持つ猫は多いからです。特に、チョロチョロと蛇口から細く水が出っぱなしになっているとき。このときに水にちょっかいを出すことがあります。

浴槽の縁で遊んでいるうちに、水が張られた浴槽内に落ちてしまったら、自力では脱出することができません。お風呂の蓋を開けて水をためているときは、猫から目を離さないようにしましょう。お風呂場へは出入りできないようにすると安心ですね。

2.キッチンで調理中

コンロの鍋を覗く猫

キッチンは危険がいっぱい。コンロや包丁、猫が口にしてはいけない食材など。でも猫は、飼い主がキッチンで調理していると、寄ってくることが多いですよね。調理中に猫が近くにいたら、目が離せません。

調理器具を火にかけたまま、あるいは包丁を出しっぱなしのまま、その場を離れるのも危険です。飼い主がちょっと目を離した隙に猫が登って、怪我ややけどをすることがあります。

調理中は忙しくて猫まで気にしていられない、という場合は、猫をキッチンに立ち入らせないようにゲートを設置したり、猫を別室へ連れて行くなど対策をしましょう。

3.蓋を開けたままの洗濯機

洗濯機の中から見上げる猫

洗濯機の蓋を開けたままにしておくという人は多いのではないでしょうか。猫は狭くて薄暗い空間が好きなので、洗濯機に入ってしまうことがあります。洗濯する際に飼い主が気付けば良いのですが、そのまま洗濯物を入れて蓋をしてしまえば、猫がいることに気づかないことも。洗濯をする際は、猫が中に入っていないか、近くに猫がいないか確認して下さい。

できれば普段から、洗濯機周辺には猫を近づけないようにした方がいいでしょう。洗濯物が入っているカゴも、猫が気に入って昼寝をしていることがあるので要注意です。

4.窓辺で遊んでいるとき

網戸に登る猫

窓から外を見るのが好きな猫は多いです。窓が閉じていれば安心ですが、開いていると落下してしまう危険性があります。網戸にしているときも注意しなければなりません。猫は、網戸をよじ登ってしまうことがあるからです。猫の体重で網戸が外側に外れて落下してしまうこともあるのです。

器用な猫では、網戸を自分で開けてしまうこともあります。猫が窓辺で遊んでいるときは、窓を閉めるか、目を離さないようにしましょう。

まとめ

前足に包帯を巻いた猫

家の中での猫の思わぬ怪我や事故は、意外と多いのです。これ以外にも、小さなものを飲み込んでしまう誤飲や、高い場所からの落下、ドアに挟まれるなど考えられることはたくさんあります。

ずっと猫を監視しているわけにはいきませんが、危険かなと思える状況では、猫から目を離さないようにしましょう。日頃から家の中の安全対策も徹底しておきたいものです。

スポンサーリンク