猫にとって最適な家とは?『住まい選び』で押さえたい重要項目5つ

猫にとって最適な家とは?『住まい選び』で押さえたい重要項目5つ

住まい選びは飼い主さんにとってとても重要でしょう。それは猫にとっても同じです。やはり快適な住居環境は欠かせません。どのような点に注意すれば、猫に最適な家を選べるのでしょうか?

451view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.外の空気が感じられる

風を感じる猫

猫の安全を考え完全室内飼いが推奨されている昨今です。家の中から一歩も出れないことを心配する声もありますが、猫は十分楽しく暮らせます。元々、それほど大きなナワバリを必要としない生き物だからです。

とはいえ全く外の空気が感じられない環境では、さすがの猫もストレスを溜めてしまいます。光や風が感じられる場所があると気分をリフレッシュできるでしょう。そのような居場所を用意してあげてください。

2.高さが重要

キャットタワー

猫を飼う場合は、部屋の「広さ」よりも「高さ」が重要になります。というのも猫は上下運動を好むからです。そこへ高さのあるキャットタワーなどを用意してあげるとさらに喜ぶでしょう。

思う存分上下運動できるようにしてあげてください。余談ですがキャットタワーにはすえおきタイプとつっぱりタイプがあります。高さを求めるならつっぱりタイプがオススメ。

穴を開ける必要がありませんので、賃貸住宅でも問題なく使用できます。猫が飛び乗ったりジャンプしたりしますので、グラつかないようにしっかりと設置してあげてください。

3.低い階を選ぶ

こちらを見る猫

猫が脱走したときのことを考え、なるべく低い階を選ぶことも大事です。脱走するなどあってはならないですが、万が一のことがあります。そのときに備え低い階を選んでおけば、落下したとしてもケガなどはしないでしょう。

ただその前に、愛猫が脱走しないよう十分気をつける必要があります。窓を開けっぱなしにしない、ベランダに防護柵をつけるなどして対策しておきましょう。

4.床の素材

床にねそべる猫

猫と住む家の、床素材にも注意が必要です。爪が引っかからないか、お手入れはしやすいかなどが重要になってくるでしょう。

この条件に合うとなると「フローリング」がベストですが、あまり固いと猫に負担をかけてしまいます。やわらかくて着地などの衝撃を吸収でき、寒暖差が少ない素材が理想的です。

最近では猫専用のフローリング素材があるようですので、ご興味のある方は探してみてはいかがでしょうか?安価に済ませるなら、ジョイントマットを使用する方法も。防音にもなって賃貸住宅でも重宝しそうです。

5.窓がある

窓から外を眺めるねこ

やはり猫にとって、窓から見える外の景色というのは格別でしょう。「家」という自分のナワバリを守るためにも、窓は必要です。怪しい侵入者はいないかを監視しているのです。

時には鳥や虫などを眺め、その動きを楽しむこともあるでしょう。本当は狩りたいけど、出れないからムリ〜!ともどかしい思いを抱えながら。それもよい刺激です。

その代わりに飼い主さんが愛猫お気に入りのおもちゃで遊んであげましょう。

まとめ

のんちゃん

猫はわざわざ外に出なくても、室内だけで十分満足して暮らせます。ただご紹介したようにある程度外の世界を感じられるような工夫も必要です。

また、猫の身の安全を考えた住まい選びも重要でしょう。ポイントを抑えて愛猫と共に楽しく暮らせる家をチョイスしてください。

スポンサーリンク