猫を『警戒させてしまう』飼い主のNG行為5つ

猫を『警戒させてしまう』飼い主のNG行為5つ

せっかく猫と暮らし始めたのに、警戒されてばかりいると悩む飼い主さんはいませんか?実は、無意識にやっているかもしれないNG行動があるのです。苦手意識を持たれている方は必見ですよ!!

753view

猫が思わず身構える人間の行動

警戒する猫

猫と仲良くなりたいのに、なぜか避けられてしまう。このように、片思い的な状況に陥りやすい人にはある共通点があります。

それは猫を警戒させてしまう行動です。

今回は、猫が苦手とする人間の行動を5つ紹介いたします。

1.追いかける

木登りをする猫

まるでストーカーのように猫の後を付け回していませんか?たとえゆったりとした速度でも、猫にとっては迷惑です。

特に、初対面の人に追われるのは苦手です。

初めましてのタイミングでは、猫のほうから接近してくるチャンスを待ちましょう。

2.リアクションが大きい

驚く人

身振りや手振り、笑い声などが大きい人は猫に警戒されてしまいます。

猫の目線から見た人間は、とても大きな生き物です。人を猫だと認識しているようですが、体格差が激しいですよね。

もしも、目の前に超大型巨人が現れて手を振られたら恐怖でしかないでしょう。猫はまさにこの心境なのです。

さらに猫は聴覚が優れています。それほど大きな声を出したつもりがなくても、猫は驚いてしまいます。

とにかくリアクションが大きい人は、小さくなるように意識してみてください。

3.抱っこ魔やキス魔になる

抱かれる猫

猫はペースを乱されることを嫌います。気乗りしない抱っこを強要されたり、いきなり顔を近づけてくるキス魔のような振る舞いが苦手です。

反応も含めて可愛いからと、しつこく続けていると猫パンチを食らうことになります。不信感も抱かれてしまうので、程々にしておきましょう。

4.目を見つめる

寝袋に入る猫

猫の社会では、基本的に目を見つめる行為はご法度とされています。見つめ合うことは喧嘩を売ることを意味しているからです。

人馴れした猫は目を見つめても平気なことが多いのですが、信頼されている人に限ります。

たとえ飼い主さんでも、まだ慣れない間柄であるうちは目線を逸らすように配慮してあげましょう。

5.すぐ怒る

叱られる猫

短気で怒りっぽい人は猫に嫌われてしまいます。これは、リアクションの部分で紹介した理由と同様です。

すぐに大声を出す、直接は叩かずとも机などをバンバン叩く行為は恐怖心を植え付けてしまいます。

叱らなければならないときは、シンプルに「ダメ」と普通の声量で注意してください。音で警告する際も、軽く机や床を叩く程度に留めましょう。

猫は学習能力が高いので、根気強く続けていれば伝わります。

猫に好かれる人の特徴

抱きつく猫

猫に好かれやすく、すぐに仲良くなれる飼い主さんには次のような特徴があります。

  • 猫のペースに合わせられる
  • 嫌がることを無理強いしない
  • 猫の目線に合わせて接している
  • やや高めの声で話しかけるなど

最後に挙げた声のトーンですが、低音ボイスでは威嚇していると誤解されてしまうことがあるよです。猫と接する際は、やや高めの声で優しく話しかけるようにしてください。

まとめ

猫と家族

家族の中でも猫に好かれやすい人と、そうではない人に分かれることがあるでしょう。

「飼い主なのに全然好かれない!」と感じている方は、知らぬ間に苦手意識を持たれる行動を取っていませんか?

猫はとても繊細な動物です。NG行為を改め、安心してもらえる行動を積極的に取ってみてください。

特に、嫌なことをしない・大声を出さないの2つは重要です。まずはここを改善するだけでも、信頼できる飼い主さんとして少しずつ心の距離を縮めていけるでしょう。

スポンサーリンク