猫にとって最悪な飼い主の『トラブル行動』3つ

猫にとって最悪な飼い主の『トラブル行動』3つ

猫と飼い主さん、お互いが快適に過ごすためには「猫が嫌がるトラブル行動」を極力起こさないように配慮してあげることがとても重要です。人間にとっては大したことない行動でも、猫にとっては大迷惑になってしまうこともあるため、そのような事態を回避するために本記事では「猫が嫌がる飼い主さんのトラブル行動」について詳しく解説していきます。

1622view

猫にはNG!「飼い主さんによるトラブル行動」とは?

人間の足元に座る猫

猫と一緒に生活するのであれば「猫が嫌がる行動」をしっかりと把握しておき、猫の前でその行動をとらないように気をつけることが必要です。

具体的にどのような行動をとると猫は気分を害してしまうのか、今回は飼い主さんが無意識のうちにやってしまいがちな「トラブル行動」を3つ紹介してまいります。

1.大声や大きな物音を出す

猫のそばで大声を出す

猫は大きな音がとても苦手です。猫の耳は繊細にできており、人間では聞き取れないようなささいな音もキャッチすることができる分、大きな音が突然するとビックリしてしまう傾向にあります。

猫が近くにいるのに大声で騒いだり、大きな物音を立てながら動き回ってしまうと、ストレスを与えてしまうかもしれないので、できるだけ静かな声や行動を心がけることが大切です。

とはいえ、誤って物を落として大きな音を立ててしまったり、思わず大声を出してしまうこともあると思うので、猫を音でビックリさせてしまった時は「猫の気持ちが落ち着くまでそっとしておく」「猫の好きな物を与えてリラックスさせてあげる」などのケアをしてあげるようにしましょう。

2.においの強い香水やアロマなどを猫の近くで使用する

アロマや香水

香水やアロマなどは、人間にとっては良い香りであっても、猫にとっては悪臭に感じてしまう傾向にあります。

特にアロマの場合は「猫に有害な物質を含む香り」がしてしまうオイルなどもあるため、アロマのせいで猫が体調不良になってしまう可能性もゼロではないのです。

なので、香水やアロマなどは使用しないようにするか、どうしても使用したい場合は「猫の近くでは使わない」を徹底するようにしましょう。

3.猫が嫌がっているのにスキンシップをとろうとする

不機嫌な猫

愛猫があまりにも可愛くてたくさんスキンシップをとりたくなる気持ちはとてもよく分かりますが、だからといって猫が嫌がっているのに無理やり触るのはNGです。

猫とたくさん触れ合えて飼い主さんは楽しいかもしれませんが、猫にとっては大きなストレスとなってしまいます。

なので「逃げようとする」「威嚇をしてくる」「攻撃的になる」等といった嫌がるサインを猫が見せた時は、すぐにスキンシップをやめるようにしましょう。

まとめ

隠れている猫

猫が嫌がるトラブル行動を避けながらお世話をしてあげれば、猫もリラックスできますし、飼い主さんへの好感度もきっと上がっていくはずです。

猫にストレスをなるべく与えないように、日頃から配慮してあげるのが理想的な飼い主さんといえるでしょう。

スポンサーリンク