猫が短命になる『食事方法』4つ!寿命を左右する危険ポイントとは?

猫が短命になる『食事方法』4つ!寿命を左右する危険ポイントとは?

猫が健康でいるためには、食事はとても大切です。しかし、それが猫にとって良くない方法だった場合、病気になったりお腹を壊したりしてしまうこともあります。猫の命に関わる食事方法についてご紹介します。

3438view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.「総合栄養食」を与えていない

鼻をなめる猫

猫には必ずキャットフードを与えます。ペット用品売り場にはたくさんの種類のキャットフードがありますが、その中でも「総合栄養食」と書かれたものをメインに与えることが大切です。

総合栄養食とは、新鮮な水とそのフードだけで猫の健康が維持できるように作られています。特に猫はタウリンという成分を合成できません。

タウリンが欠乏すると心臓や目などの病気を引き起こしてしまうことがあります。猫に必要な栄養をバランスよく摂るために総合栄養食を選びましょう。

ただ、キャットフードには総合栄養食以外に「おやつ」や「おかず」のようなフードもあるので、確認して購入しましょう。

おやつは、ごほうびやいつものフードにトッピングとして与えることができますが、カロリーの摂り過ぎには注意が必要です。

2.年齢や病気にあったフードを与えていない

ミルクを飲む子猫

生後4週齢頃までの子猫の食事はミルクのみです。母猫が母乳を与えて育てることができない場合は、子猫用のミルクを与えます。

牛乳などで代用しても、子猫が必要とする栄養が足りなかったり、下痢をしたりしてしまいます。体の小さな子猫の下痢は命に関わることもあります。

猫が高齢になりフードを上手に食べられない場合は、柔らかいフードを選んだり、高齢猫用のフードに切り替えたりすることも必要です。年齢によって必要な栄養素の配合やカロリーが違ってきます。

病気によって療法食が必要になる場合があります。必ず獣医師の指示に従って与えましょう。

健康な猫が療法食を食べても、健康を維持できるわけではなく、体調に悪影響となってしまう場合もあります。

多頭飼育では健康な猫が療法食を食べたり、療法食が必要な猫が他の猫のフードを食べたりしないように注意が必要です。

3.フードを出しっぱなしにしている

ウェットフードとドライフードと猫の後ろ姿

ウェットフードを与える場合、出しっぱなしにすると傷んでしまい、傷んだフードを猫が口にしたらお腹を壊してしまうかもしれません。

ウェットフードの食べ残しは処分しましょう。

ドライフードはウェットフードと比べてすぐに傷むことがなく、出したままにしておくことで猫が自分のペースで食べられますが、一日経った食べ残しは処分しましょう。

4.人間の食べ物を与える

テーブルの上の料理とそれを見る猫

人間の食べ物の中には、猫に高カロリーなもの、塩分が高すぎるものなどがあるので食べさせないようにした方が安心です。

また、人間の食べ物の中には猫が食べると中毒、貧血、嘔吐、下痢などを起こす有害なものもあります。

チョコレート、ネギ類、ブドウ、アボカドなど猫に危険な食べ物があり、加熱をしても猫に有害となるものもあるので注意しましょう。

まとめ

食事中の4匹の猫

猫の食事方法が適切でないと、猫の体調に悪影響となってしまうことがあります。

猫には総合栄養食と書かれたキャットフードを与える、猫の年齢などに適したフードを選ぶ、食べ残しのフードはすぐに片付ける、人間が食べるものは与えないなど、食事から猫の健康を考えることが大切です。

スポンサーリンク