猫が亡くなる可能性がある『問題行動』5選 予防するために必ずやるべき対策とは?

猫が亡くなる可能性がある『問題行動』5選 予防するために必ずやるべき対策とは?

猫はハンターの素質があるだけに、色々とイタズラをしてくれます。中には命を落としかねない行動もあるので、気をつけなければなりません。今回は、危険な行動とその対策についてご紹介いたします。

3187view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

命に関わる危険なイタズラ

イタズラ

猫は好奇心旺盛で、気になることは何でも確かめずにはいられません。そして高い学習能力を持ち、1度楽しいと思ったイタズラは習慣化してしまいます。

これらは時に、命を脅かすこともあります。ここでは、危険なイタズラや問題行動を5つご紹介いたします。

1.何でもおもちゃにする

邪魔する猫

充電器のケーブルや綿棒など、人間にとっては身近な生活用品をおもちゃにしてしまう猫がいます。

ケーブルは感電のリスクがあり、綿棒は誤飲の恐れがあります。まずは「ダメ!」とシンプルに叱ります。必ず現行犯で注意してください。

そして安全な猫用のおもちゃで気を引き、危険物への興味をなくさせましょう。

2.植物を食べる

花が気になる猫

猫は肉食ですが、植物を好んで食べてしまう子もいます。実は「ヘルシーね」と楽観視はできないほど植物は危険なのです。

特にユリ科の植物は、花瓶の水を飲んだだけでも命を落とす危険性があるといわれています。猫がいるご家庭では、植物を置かないのが無難でしょう。

3.食べ物や薬の誤飲

食べたい猫

猫は飼い主さんの行動に強い関心を寄せています。食事や薬も、興味を持って眺めているに留まらずに食べてしまう可能性があります。

薬は猫が取り出せない戸棚に収納し、落とさないように気をつけましょう。

食品は、特にチョコレートやネギ、玉ねぎなどに気をつけてください。また、酒類も舐めてしまわないように注意しましょう。

4.浴室に侵入する

浴室が気になる猫

ヒンヤリとした浴室は、猫にとって避暑地になります。エアコンは苦手だけれど、浴室の涼しさはちょうど良いという猫が侵入することがあります。

浴槽の水がない状態であれば良いのですが、残り湯を活用するために敢えて残してあるご家庭もあるでしょう。

蓋に乗ろうとして湯船に転落してしまう事故が発生することがあるので、浴室に侵入するのは危険なことなのです。

5.どこでも登る

よじ登る猫

猫は高い場所を好みます。専用のタワーがなくても、家具の上やカーテン、障子などどこでも登ってしまいます。

運動神経抜群の猫ですが、実は降りるのは苦手です。いざ降りようとすると、上手く降りられずに落下したり、飼い主さんのヘルプが必要になることがあります。

キャットタワーを用意したり、棚をステップとして活用するなどの対策をすると良いでしょう。

危険な行動への対処法や予防策

抱かれる猫

危険な行動は、どのように対処すれば良いのでしょうか?その方法をいくつかご紹介いたします。

叱る言葉を決める

叱られる猫

猫は、人間の言語を音として覚えることができます。それを活用し、予め叱る言葉を決めておきます。例えば「コラ!」や「ダメ!」などです。

必ず単語にしてください。そして、口調も一貫性を持たせます。ただし、名前で叱るのは絶対にNGです。

名前を呼んで叱ると、叱るつもりのないときでも叱られると思い込み突発的に逃げたり、かえって近づいてこなくなってしまうことがあります。

叱る場合は名前を呼ばない、それ以外の場合は名前を呼ぶようにしましょう。

危険な部屋には入れない

座る猫

浴室やトイレなど、危険を伴う部屋には最初から入れないことも重要です。1度でも侵入すると、そこが縄張りになってしまいます。

縄張りは毎日パトロールするので、日によって侵入できないとなるとストレスの原因になります。

危険物を置かない

仲良し猫

猫がおもちゃにしそうなものや、落とされると破損してしまうものは、置かないようにしましょう。

充電器のケーブルやコンセントは、専用のカバーをつけて保護することがおすすめです。

まとめ

遊ぶ猫

猫は、野性味溢れる生粋のハンターです。その本能が、命に関わる怪我や事故に繋がる危険性があります。

危険な場所への立ち入り制限や、危険物の管理、本能を満たせる環境を整えるなどの対策をしてください。

猫をしつけるのは容易ではありませんが、習性を上手く利用することで自然と危ない行動を取らなくなります。

スポンサーリンク