猫が死ぬ絶対NGな『イタズラ』4選

猫が死ぬ絶対NGな『イタズラ』4選

愛嬌たっぷりで、癒しを与えてくれる猫。ついつい構ってみたくなりますが、猫が嫌がるイタズラは絶対にしてはいけません。ちょっとしたイタズラが、命に関わることもあるのです。では、どんなイタズラが猫に危険を及ぼすのでしょうか?

13900view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.人間の飲みものを与える

コーヒーカップを覗き込む猫

猫の飲み水の代わりに、人間の飲みものを与えたらどんな反応をするかな…なんて、間違っても実行しないで下さい。猫が飲んではいけない飲みものは、たくさんあるのです。

特にカフェインには要注意。猫がカフェインを摂ると中毒を起こす危険性があり、命に関わることも。たとえ少量でも、体の小さな猫には影響大です。カフェインは、緑茶やコーヒー、ココア、栄養ドリンクなどに含まれています。

また、アルコールも中毒を起こします。摂取せず、においを嗅ぐだけでも、刺激性があり猫にとっては不快なものなので気をつけましょう。

2.人間の食べものを与える

テーブルの上のハンバーガーと椅子にのってそれを見る猫

ついつい与えたくなってしまうのが、人間の食べもの。欲しがってるから、あげたら喜ぶだろうなんて、安易な考えで与えると、取り返しのつかないことになりかねません。

特にネギ類は少量でも危険です。ネギ類には、猫が摂取すると赤血球を破壊するアリルプロピルジスルファイドが含まれ、重度の貧血を起こす危険性があります。ネギ類は細かくして調理に使う機会が多いと思いますが、ごく少量あるいは煮汁でも中毒を起こすことがあります。ネギ類の含まれたものは絶対に与えないようにしましょう。

他にも、チョコレート、ぶどう、ナッツ類など与えてはいけない食べものはたくさんあります。猫には猫用のフードやおやつを与えるのが安心ですね。

3.ヒゲを切る

猫の口元のアップ

猫の顏の周りには、立派なヒゲが生えています。ちょっとくらいなら、切っても大丈夫だろうとは、思わないで下さいね。猫にとって、ヒゲは大切な役割を果たすなくてはならないもの。センサーの役割や、平衡感覚を保つためのものなのです。

切ってしまうと、障害物に当たりやすくなったり、高い場所へ上れなくなったりします。狭い空間に潜り込んでしまい、出て来れなくなるということも。重大な事故につながる恐れがあるので、猫のヒゲは切らないで下さいね。

4.おもちゃ以外のもので遊ばせる

毛糸にじゃれる子猫

猫は、じゃれるのが大好き。キラキラ光るものや、ユラユラ揺れるものなど、ちょっと動くものがあれば、何でも興味を持っておもちゃにしてしまいます。でも、猫が遊んでいるうちに間違って飲み込んでしまうことがあるので、気をつけなければいけません。

特に気をつけたいのが、ビニール袋、ひも類、ボタン電池、アクセサリー、輪ゴムなどです。合成樹脂のサンダルなど、素材の咬み心地を気に入って飲み込んでしまうこともあります。飲み込んでも、自分で吐き出したり、便と一緒に出てくることもありますが、喉に詰まらせたり、腸閉塞を起こすと命に関わります。

遊ばせようと思っていなくても、部屋に置いてあるだけで猫が見つけ、じゃれているうちに誤飲してしまうケースも多数あります。猫が好きそうなものや細かいものは、常に片づけておくようにしましょう。猫用のおもちゃでも、外れやすいパーツは先に切っておくなど対策をしておくと良いでしょう。

まとめ

寝そべってこちらを見る猫

ちょっとしたイタズラで、猫が命を落としてしまったら…恐ろしいですね。人間が思っている以上に、猫にとって危険なものはたくさんあります。正しい知識を身に着けて、大切な猫に危険が及ばないようにしてあげたいものです。

スポンサーリンク