猫の事故を防ぐ『キャットタワー』の安全対策3つ

猫の事故を防ぐ『キャットタワー』の安全対策3つ

猫は高いところに登るのが大好きな生き物です。高いところに登ることによって、室内でも適度に運動することができるため、愛猫のためにキャットタワーを用意してあげたいと考えている飼い主さんは多いことでしょう。本記事では、そんなキャットタワーを設置する際にぜひ覚えておくべき”安全対策のポイント”をご紹介していきます!

502view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

キャットタワーを設置する際に注意すべき点は?

キャットタワーで遊ぶ猫

室内飼いをしている猫にとって、キャットタワーは日頃の運動にぴったりなアイテムのひとつといえるでしょう。

しかし、キャットタワーも設置方法や設置する環境を誤ってしまうと、思わぬ事故に繋がることもあるのです。

今回はキャットタワーで起こりやすい事故を防ぐために、ぜひ実践していただきたい”安全対策”について詳しく解説していきます。

1.キャットタワーの周りに危険な物を置かない

猫は高いところから床に向かって、急に大ジャンプをすることもあります。なので、ガラスでできたもの、陶器でできた物、冬場はストーブ等の危険物を置かないようにしましょう。

また、キッチンと近い位置にキャットタワーを置いてしまうと、火を使っている最中や包丁などを使っている最中に猫が飛び降りてくる…といった可能性もあります。そのため、キッチンから離れた場所にキャットタワーを置くのも重要なポイントです。

2.キャットタワーの下にはクッションを置く

キャットタワーのてっぺんから床に向かって急に猫が飛び降りた時のことも想定しておき、キャットタワーの下にはやわらかいマットやクッションなどを敷いておくのがおすすめです。

ペットショップやホームセンター等に行くと、ペット用のマットやクッションもたくさん置いてあるので、どのような物を敷けばよいか迷った場合はそのような商品を選ぶとよいでしょう。

3.キャットタワーの組み立てにも注意!

キャットタワーの種類によって組み立て方は異なりますが、説明書に記載してある組み立て方をしっかり把握した上で作るのも大切なポイントです。

組み立てるべきパーツを余らせてしまったり、ネジなどをゆるく閉めた状態のまま使用してしまうと、ちょっとした衝撃でキャットタワーが崩れてしまい、思わぬ事故に繋がることもあります。

また、つっかえ棒や長さを調整できる柱等を使って支えるタイプのキャットタワーは、棒や柱がぐらつかないようにしっかりと固定するのも重要です。

まとめ

キャットタワーであそぶ猫マンチカン

キャットタワーは猫を飼う人にとって非常に便利なアイテムですが、設置する際は安全面をしっかりと考慮する必要があります。

大切な愛猫を事故から守るためにも、安全第一でキャットタワーを置くようにしましょう。

スポンサーリンク