猫の『嗅覚』は意外に凄い!人間にはない特徴4つ

猫の『嗅覚』は意外に凄い!人間にはない特徴4つ

猫の鼻は人間の鼻とは違い、優れた嗅覚を持っています。人間の鼻では考えられないような驚きの匂いを嗅ぎとったり、人間の鼻にはない機能がたくさんあるのです。今回はそんな猫の鼻や嗅覚の特徴について詳しく紹介していきます。

2655view

人間とは全然違う!驚くべき猫の鼻の特徴

猫の鼻

小さくてとても可愛らしい猫の鼻。でも、その可愛らしい見た目とは裏腹に、実はものすごい威力を秘めていることをご存じでしょうか。

驚くべき猫の鼻の特徴について、さっそく解説をしていきましょう!

1.ささいな匂いでも嗅ぎとれる

人間の鼻にも、そして猫の鼻にも「嗅細胞」と呼ばれる匂いを感じられる細胞があります。人間だと嗅細胞の数は約4000万といわれていますが、猫は約2億の嗅細胞を持っているといわれているのです。

そのため、人間の鼻では感じ取れないささいな匂いに、猫は気づくことができます。初めて会う人の匂いや新しく飼ってきた物の匂い、飼い主さんの匂いが染み付いた物などでも、敏感に嗅ぎ取って行動をとることができます。

また、人間と比べると猫は匂いに対して非常に敏感なので、人間にとっては心地よいアロマの香りや香水の香り、柔軟剤などの香りが、猫にとっては苦痛に感じることもあります。なので、匂いの強いものを猫の近くで扱う際は注意が必要です。

2.フェロモンの匂いを嗅ぎとれる

猫はフェロモンの匂いも嗅ぎとることができます。猫の鼻の奥には「ヤコブソン器官」とよばれるフェロモンを感じ取れる器官が存在するのです。

フェロモンの匂いを嗅ぎとることによって、他の猫の居場所や縄張りを把握したり、異性の猫からのアピールを感じ取れるので、ヤコブソン器官は猫にとって欠かせない器官といえるでしょう。

3.鼻毛が生えていない

人間にとってはちょっぴり厄介に感じることもある鼻毛。しかし、猫の鼻には鼻毛が生えていません。

そもそも人間の鼻毛はウイルスの侵入を防いだり、鼻の中の湿り気を保つために生えています。

一方、猫の鼻は鼻粘膜とよばれる粘膜で覆われており、常に湿っているため、鼻毛が生えていなくてもウイルスの侵入や鼻の乾燥を防ぐことができるのです。

4.鼻を使って挨拶することもある

人間の場合、鼻は「匂いを感じとる」というのが大きな役割です。しかし、猫の場合はそれに加えて「挨拶をする」というのも鼻の役割になっています。

猫同士でお互いに鼻をくっつけ合っている光景を見たことはあるでしょうか。あれは、挨拶を交わしながら、匂いを通じてお互いの情報を交換しているのです。

猫にとって鼻は「挨拶時にも欠かせない器官」といえるでしょう。

まとめ

鼻チューする猫

猫は人間よりも視力は衰えているといわれていますが、代わりに嗅覚からさまざまな情報を得ることができます。

猫を飼っている人や、猫を見かけることが多い人は、猫がどのような匂いに反応しているか、観察してみるのも楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク