猫の『爪切り』で絶対注意すべき3つのポイント

猫の『爪切り』で絶対注意すべき3つのポイント

猫の爪切りは飼い主さんであれば、苦手に思う方が多いケアになります。そんな人の助けになればと思い調べてみました。この点さえ守れればというポイントを押さえましたので、ぜひ参考にして下さい。

1773view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫の爪切り

手を舐めている猫

猫の爪切りは、飼い主さんの中でも苦労されている方は多いのではないでしょうか。暴れて引っかかれて大変な思いをされた方もいらっしゃると思われます。

猫は、体の動きが束縛される状況を長時間我慢できない性格の子が多いので、スマートに爪切りを終わらせなければ、どうしても暴れやすくなります。

今回は、毎回爪切りの度に苦労している飼い主さんに向けて、爪切りケアの時に注意すべきポイントを集めてみましたのでぜひ参考にして下さい。もしかすると、何かしらの突破口が見つかるかもしれません。

1.時間をかけない

爪切りされている猫

猫に爪切りをしてあげるときは、なるべく時間をかけないように配慮しましょう。

多くの猫は、体を長時間拘束されることが苦手です。飼い主さんが不慣れで、素早く全部の爪を切ることができないのであれば、少しずつ切っては時間を置く、というような感じで徐々に進めることも手段の一つです。

猫の爪は伸びてしまうと、カーテンなどに引っ掛けて破いてしまう可能性がありますし、または愛猫の爪がそのまま折れてしまう可能性もあります。折れてしまうと動物病院で治療が必要となってしまうので、やはりこまめに爪を切りどこかに引っかけてしまったり、折れることがないようにしましょう。

2.爪切りに注意を向けさせない

伸びている猫

愛猫の視線を爪切りに向けさせてしまうと、当然警戒されてしまいます。

人間も注射を打たれる際に針の先を見てしまうと、どうしてもドキドキしたり怖い思いをする人がいると思います。猫もそれと同じなので、なるべくいつも遊んでいるおもちゃやおやつをかざして、視線を誘導しながら爪切りを済ませてしまうと良いでしょう。もし家族がいるのであれば二人掛かりでやるのもありです。

3.力を入れない

くつろぐ猫

いざ猫の爪を切ろうとする時に、飼い主さんの中には前足をぎゅっと強めに押して爪を出そうとする人がいるのですが、基本的に猫は手足を触られることが苦手です。優しくソフトに押すように意識してみましょう。

猫にとって苦手なことが一つでも減ることで、爪切りへの苦手意識を減らすことができるかもしれません。また安心できるように、体をタオルなどで包んであげたりすることも良いでしょう。猫の性格によってはこれで大人しくなる子もいます。

まとめ

甘えている猫

猫の爪切りは、飼い主さんにとっては試練の一つです。スムーズにできる子もいれば、爪切りの度に格闘するようになってしまう子もいます。

ぜひ上記の中から、できるところから実行してみていただいて、実行する前と後でどんな変化があるか、確認されることをおすすめします。少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク