猫の命を脅かす『お部屋の危険』4つ!すぐできる対策をチェック!

猫の命を脅かす『お部屋の危険』4つ!すぐできる対策をチェック!

人が生活する場所には、猫が気になるものがたくさんあったり、日当たりや温度の変化などがあります。それが猫にとって危険となるかもしれません。猫の命を守るために、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。

515view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.小さな物、紐などの誤飲

紐で遊ぶ白黒猫

猫は小さな物や、細くて長い物などにじゃれて遊ぶことが多いです。追いかけたり、前足でタッチしたりして遊んでいるうちは良いのですが、くわえたり、噛んだりして遊ぶこともあるので誤飲に注意しなければなりません。

飲み込んでしまうと、呼吸が苦しくなる、食欲がない、吐こうとする、腸閉塞を起こすなど、猫が辛い状態になってしまうため、すぐに動物病院を受診する必要があります。

例えば以下の物は猫が触れられないように片付けたり、出しっぱなしにしないようにしましょう。

  • ヘアゴム
  • 輪ゴム
  • 消しゴム
  • カーテンタッセル
  • 猫のおもちゃ

また、細長い電気コードも猫にとってはおもちゃになってしまうことも。猫がかじって感電や火災にならないようにしなければなりません。例えば、配線カバーをつける、コード類は固定する、電気製品は使わないときはコンセントから電源プラグを抜いて片付けるなどしましょう。

2.キッチン

パンケーキを見る猫

猫にとってキッチンは魅力的な場所であるようです。色々な食材があり、料理からお肉のニオイがし、食器や調理家電などがあるからです。

ですが、火を使ったり、刃物を使ったりと危険な場所であることは間違いないので、そもそも猫が立ち入らないようにすることが重要です。

また、人間の食べ物を猫が食べないようにしましょう。ネギ類、チョコレートなど、人間の食べ物の中には、猫が食べると中毒を起こしてしまうものがあるからです。食べ物や生ゴミは出しっぱなしにしない、ゴミ箱はフタ付きの物を使う、引き出しはストッパーをつけるなどしましょう。

3.脱走

立って外を見る猫

ドア、窓、網戸、玄関などから猫が脱走しないようにしましょう。

迷子になってしまう、ベランダから落下してケガをするなどの危険があります。猫が飛び越えられない高さの柵の設置、網戸に近づけないように柵を設置する、網戸にストッパーをつけるなどのさまざまな対策をすることができます。

4.熱中症

窓辺で寝る猫

日中、室温が上昇すれば猫も熱中症になってしまいます。体温が上昇している、口で呼吸をしている、意識がもうろうとしているなどの症状が見られたら、濡れたタオルで体を包んだり、首に保冷剤を当てるなど体を冷やして動物病院を受診します。

夏はエアコンを使って室温を下げる、クールマットを用意するなどして熱中症を防ぎましょう。エアコンの冷気が苦手な猫もいるので、エアコンをつけた部屋とつけていない部屋を行き来できるようにしてあげます。ブラッシングで抜け毛を取り除いてあげることでも暑さ対策になります。

まとめ

階段に座る猫

外と比べて家の中は安全であるように感じますが、気をつけなければならないことがあります。

食べ物ではない物で遊んでいるうちに飲み込んでしまう、人の食べ物を食べて中毒を起こしてしまう、窓や玄関から外へ出てしまう、暑い室内で過ごして熱中症になってしまうことなどです。

飼い主さんがいないとき、部屋の中はどのような状況になるのか、猫が興味を持ちそうなものは何かなど、確認してみましょう。

スポンサーリンク